« 【閉店】天空の城@三越前 | トップページ | 辛抱たまらん!!! »

2012.04.29

【観戦記】12年第8節:名古屋 1-2 浦和

 終盤一人少ない名古屋にパワープレーで圧倒されてしまい、依然として逃げ切り方、勝ちきり方に課題があることを露呈してしまいましたが、それでも勝ちは勝ち。優勢だった前半、あるいは終盤のカウンターのチャンスをしっかり決めていればもうちょっと楽に勝てたのでしょうが、昨年15位かつ再建途上のチームにそこまで望むのは酷というもの。手強い相手に敵地、しかも長らく勝っていなかった瑞穂で勝てたことをもって良しとすべきでしょう。

 この試合で面白かったのは名古屋が広島戦同様3-4-2-1のフォーメーションで臨んできたこと。広島戦ではあまり機能しなかったことを反省してか、これまで一度たりともやらなかった非公開練習まで仕組んで浦和戦に臨んできましたが、残念ながらこの日もほとんど機能せず。機能したといえるのは後半開始から15分程度、具体的には浦和右サイドから鋭いクロスを2本上げた場面くらい(うち一本=藤本ヘッドは極めて危険でした)。

 ストイコビッチ監督は名古屋で実績を残してはいますが、相手に合わせて戦術を立てる能力、そしてそれを選手達に実行させる能力に秀でているような印象はなく、自然体でも押し切れそうな広島や浦和相手になんでわざわざ特別な対策を立てたのか不思議でなりません。悪く言えば「無策士、策に溺れる」みたいな。

20120428121_2

 名古屋は前半は序盤こそ浦和を自陣に釘付けにしていましたが、田中隼が盛んに梅崎に一対一を仕掛けるくらいで、これといった攻め手なし。時間の経過と共に浦和にダニエルの背後をカウンターで梅崎や槙野、さらに左に流れてきた柏木に徹底的に突かれてしまいました。浦和は左サイドの攻防で優位に立ったのがこの日の勝因。

 浦和の先制点はダニエルの背後に梅崎が飛び出したところから。中央でボールを受けたマルシオが落ち着いて空いているコースを狙い済ましてゴール!

 浦和の2点目も左サイドから。後半立ち上がりの劣勢を凌いだ浦和はイエローカードをもらった啓太に代えて小島を投入して反撃の構え。そしてまたしても左サイドに飛び出した梅崎のクロスが田中隼のエリア内ハンドを誘ってPK奪取に成功。そのPKをマルシオが難なく決めて浦和が突き放しに成功。

 立ち上がりにも槙野が左サイド深く侵入して、逆サイドでフリーの平川シュート!というチャンスがあり、また柏木のパスでDFライン裏に抜け出たマルシオがヘッドなど、何度かチャンスがありましたが、いずれも決められず。

 名古屋はダニルソンが中盤で強烈な存在感を放っていますが、極端に言えば中盤で守っているのはダニルソンだけ。しかも闘莉王擁する名古屋は最終ラインを積極的に押し上げてくるわけでもありません。従って名古屋の前3人が浦和最終ラインに激しくプレッシャーを掛けてくるものの、それを交わしてしまえばあとはスカスカの名古屋の中盤を簡単にパスで崩してバイタルエリアまでボールを運べるので浦和は楽といえば楽。ただそこから先が難儀で、点が取れそうで取れない。それが名古屋の真骨頂といってしまえばそれまでですが。

 流れの中からはさっぱりだった名古屋の前半の攻撃もセットプレーだけは強烈。立ち上がりのCK、あろうことか槙野が被ってしまってどフリーの闘莉王にボールが渡ってしまう大失態があり(闘莉王のシュートミスで事なきを得ましたが)、最後まで名古屋の力攻めに浦和は悩まされ続けました。

 前半名古屋が同点に追いついたのも闘莉王大作戦の賜物。浦和のクリアが小さく、増川→闘莉王とヘッドで繋がれて、闘莉王の落したところに飛び込んできた金崎がゴール。

 田中隼が2枚目のイエローで退場し、3-3-3みたいな格好になってからの名古屋の攻撃は迫力満点。サイドからの放り込み一辺倒といってしまえばそれまでですが、これが怖いの何の。これでケネディが健在だったら浦和は防ぎきれなかったかも。

 浦和は数的優位なのでゆっくりボールを繋いで時間を使えばいいのに、妙に慌ててボールを失っては名古屋の放り込みを許すテイタラク。後半投入された選手がいずれも若いのも終盤のバタバタ感の一因かもしれませんが・・・ 

20120428136

-----ポポ-----
--丸塩----柏木--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----

【得点】

23分 マルシオ
68分 マルシオ

【交代】

63分 啓太→小島
69分 ポポ→原口
83分 マルシオ→濱田

20120428126

 選手交代は着想としてはいずれも妥当ですが、残念ながら原口が期待に応えられず。マルシオや柏木に比べると絶望的に走らない。終始最前線でぷらぷら。ボールが来てやおら動き出すばかり。

 浦和は一人少ない相手に押し込まれっぱなし。パワープレーが得意な相手に最終ラインが下がりすぎると往々にして事故のような失点が生じがち。それゆえ前線の選手がボールを引き出し、前でタメを作って最終ラインを上げる余裕を作りたかったところですが・・・ 

-----永井-----
--玉田----金崎--
小川-ダニルソン-藤本-田中
-増川-闘莉王-ダニエル--
-----楢崎-----

【得点】
27分 金崎 夢生

【交代】

64分 金崎→阿部
72分 玉田→磯村
77分 ダニルソン→中村

 一人少なくなってからの力攻めの連続に名古屋の底力を感じましたが、アジアではそう簡単には通用しないんですよね・・・ また闘莉王大作戦は脅威には違いないんですが、その周囲で動き回って、しかも一発がある玉田や金崎を下げてしまったのは疑問。最後まで「無策士、策に溺れる」といった感じ。

 あと、ボランチに藤本を起用していましたが、セットプレー以外どこにいるのはほとんど判らず。横浜の茸みたいな「固定式砲台」と化していました。

 監督はPKの判定に納得がいかないようですが、あのPKのどこに議論の余地があるのでしょうか・・・前半はむしろ名古屋に有利な判定が多く、イライラしたマルシオが異議でイエローをもらう一幕があったんですけどね。

|

« 【閉店】天空の城@三越前 | トップページ | 辛抱たまらん!!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/54583959

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】12年第8節:名古屋 1-2 浦和:

« 【閉店】天空の城@三越前 | トップページ | 辛抱たまらん!!! »