« 【TV観戦記】12年第7節:大宮 2-0 浦和 ~ 躓いた石がよりによって大宮だったとは・・・ | トップページ | ごらんアウェー:鹿島2012 »

2012.04.22

【観戦記】12年第2節:千葉L 0-0 浦和L

20120421001

・いつもながら強めの風が吹く市原臨海。もはやこの地でトップチームの試合が開催されることはなく、パルテノン神殿が昔をしのぶ縁になっているだけですが、天候同様お寒い試合内容でスコアレスドロー。

・序盤に左サイドから二度チャンスを作れたこともあって、今日も楽勝かと気楽に構えていたのですが、その後の浦和の攻撃は完全に尻すぼみ。前半ゴールキックから荒川がライン裏に抜け出した場面と、後半スルーパスで安田がDFライン裏に抜け出した場面、さらにロスタイムに左サイドからのクロス→吉良ヘッドが惜しかったくらいで、それ以外は堅く守る千葉を崩しきれず。スルーパスでDFライン裏を取ったかのように見えた場面が何度かありましたが、悉くオフサイドの判定。

20120421006

・この試合を見ていて歯がゆかったのは、荒川が卓越したキープ力で千葉守備陣を2、3人惹きつけているのに、浦和がそれを全く生かせていないこと。怪我で荒川がいないことが多いため、荒川がいることを前提にした戦術練習なんてしていないのかもしれませんが、荒川へのフォローが遅くて荒川は常に孤立状態。吉良は荒川とほぼ横並びの2トップを形成していますが、概して荒川との距離が遠いのが狭山戦から気になります。

・かといって他の選手は千葉の守備ブロック内で相手に囲まれて何ができるというわけでもなし。従って攻めてはいるものの、相手守備ブロックの前で横パスを繋いでいるだけで、千葉は怖くもなんともなかったかと。

・90分できるコンディションではないせいか、荒川は72分でベンチに下がってしまいました。流れの中からのチャンスメークには大きな影響はないものの、荒川が下がったことでCKでの得点力は大きく減退。

・カウンターしかない千葉に対して浦和は両CBが難なく対応して、山郷がヒヤリとする場面は全くありませんでした。でも出来の悪い試合でも勝ちきれるほどの力もないことが露に。相手の攻め手が少ないにも関わらず両SBの攻撃参加が限定的でしたが、カウンターを警戒しすぎだったような・・・

20120421008

---荒川--吉良---
安田--------柴田
---猶本--庭田---
竹山-矢野--高畑-土橋
-----山郷-----

72分:荒川→加藤(左SHへ。安田がFWへ)
77分:竹山→和田(竹山小破?)
84分:安田→後藤

|

« 【TV観戦記】12年第7節:大宮 2-0 浦和 ~ 躓いた石がよりによって大宮だったとは・・・ | トップページ | ごらんアウェー:鹿島2012 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/54531148

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】12年第2節:千葉L 0-0 浦和L:

« 【TV観戦記】12年第7節:大宮 2-0 浦和 ~ 躓いた石がよりによって大宮だったとは・・・ | トップページ | ごらんアウェー:鹿島2012 »