« 【閉店】麺屋 ZERO1@川口(2) | トップページ | 豚喜 川口店の後に福招門 »

2012.05.03

【メモ】浦和1-2 横浜M

(スタメン)
驚いたことに別メニューと伝えられた柏木・平川共にスタメン。ベンチメンバーも含め、全く代わり映えなし。

鞠はボランチに谷口ではなく、熊谷が入る。マルキもベンチ入り。

(前半)
セットプレーで明暗。浦和はCKでどフリーの槙野が決められず。鞠はCKのクリアボールを拾った齋藤がミドルを叩きこむ。

鞠はほとんど前から追ってこず、自陣にブロックを作って待ち構える守り。浦和はボールを持つ時間は長いが、敵陣にスペースがなく決定機を作れない。押し込んではいるが鞠の最終ラインを崩せず。

槙野→ポポヘッドが惜しかったくらい。柏木出場はちょっと無理があったか。判断がいつもより遅い。

鞠はカウンター狙い。左サイドに人数を掛けてクロスを送るだけの単調な攻めに終始しているが、攻撃陣に面倒なのが揃っているのでそれなりに厄介。

(後半)
頭から柏木→原口。さらに早い時間に啓太→小島。

しかし共に機能せず、事態は前半より悪化。とにかく良い形で縦パスが入らない。サイドに回しても簡単に行き詰まる。

マルシオのFKも今日は全く枠に飛ばず。

さらに坪井→ランコという大博奕を敢行。攻守のバランスが崩れ、どつきあいになったが、ついに槙野のゴールで同点に。

しかし浦和のピンチはそれ以上に多く、同点に追いつくのが精一杯。

終盤にCKからマルキに決められて万事休す。怪我明けでもランコとの差は歴然。

総じてセットプレーで点を取って守りきる鞠ペースの試合。

柏木が抜けると攻撃が体をなさないのはしんどい。

|

« 【閉店】麺屋 ZERO1@川口(2) | トップページ | 豚喜 川口店の後に福招門 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/54623012

この記事へのトラックバック一覧です: 【メモ】浦和1-2 横浜M:

« 【閉店】麺屋 ZERO1@川口(2) | トップページ | 豚喜 川口店の後に福招門 »