« ごらんアウェー:富山2012(2) | トップページ | ごらんアウェー:富山2012(4・了) »

2012.06.13

ごらんアウェー:富山2012(3)

ごらんアウェー:富山2012(2)から続く)

0004

魚津市・滑川市ともスタジアム前に屋台を出していましたが、「どんどん焼き」だけ行列が出来ていました。んだスタで食べたどんどん焼きにあまり良い印象は持ちませんでしたが・・・

0001_2

0002_4

富山の「どんどん焼き」は山形のように棒に巻きつけるのではなく、焼いた生地を二つ折り。たった200円なので仕方ありませんが、やはり具らしい具はほとんどなく、わずかに白えびの香りとサクサク感を楽しめるかな?といったところ。焼きたてを頂けたのが幸いでしたが、作りおきだとべちょっとしてダメでしょうなぁ・・・

0009

魚津のほうは全く購入意欲をそそらず。

0017

メインスタンド下は十分なスペースがあって屋台もそれなりに充実。

0001_3

でもここも地方色を全面に押し出した、ビジター垂涎の逸品というものはなくて、どこにでもありそうな焼き物、揚げ物、ご飯物だらけ。

食中毒の恐れがあるのでなま物は出せないのでしょうが、富山で白えびなし、ホタルイカなし、ブリなしというのはかなり寂しい。

0001_4

「富山牛串(500円)」。「富山牛」って聞いたことはありませんが、一山越えたら「飛騨牛」なのかな?

0005_2

少々塩胡椒かけすぎなのが難で、また噛み始めは柔らかいのに弾力が強くて噛み切るのに一苦労。でも肉の旨味がしっかり閉じこめられていて、屋台で出されるものとしては大満足。

ただ焼くのに手間をかけすぎて、たいして並んでいないのにやたら待ち時間がかかるのは困り者。

0004_2

0010_2

こちらは「タンドリーチキン串(500円)」。正直富山に来てまで食べるものではありませんが、これまたビールのアテには文句なし。

0002_5

でも作り置きのカレーをお客がレンジでチンするって、長閑というかなんというか・・・

|

« ごらんアウェー:富山2012(2) | トップページ | ごらんアウェー:富山2012(4・了) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/54863753

この記事へのトラックバック一覧です: ごらんアウェー:富山2012(3) :

» ごらんアウェー:富山2012(4・了) [浦和御殿]
(ごらんアウェー:富山2012(3)から続く) 帰りの電車までだいぶ時間があるの [続きを読む]

受信: 2012.06.14 11:45

« ごらんアウェー:富山2012(2) | トップページ | ごらんアウェー:富山2012(4・了) »