« ごらんアウェー:C大阪2012(1)~金久右衛門 梅田店 | トップページ | 支那そば あかだも@池袋 »

2012.07.24

ごらんアウェー:C大阪2012(2)~お初天神から四天王寺へ

ごらんアウェー:C大阪2012(1)から続く)

0003

「金久右衛門 梅田店」を訪れた後は、新御堂筋を渡って通称「お初天神」へ。正式名は「露天(つゆのてん)神社」。

0006

神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書き、それ以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったとのこと。

0015

もっとも「曽根崎心中」って日本史なり文学史なりのタームとして知っているだけで、どういう話なのか全然知らんのですが・・・・(´・ω・`)

0010

「天神さん」で美人祈願っちゅーのはなんだかなぁ・・・・

0003_2

谷町線で「谷町9丁目」まで下り、上町台地の社寺をぷらぷら。上写真は生国魂(いくくにたま)神社。通称「いくたまさん」。ちなみに神社の周囲はラブホ街(´・ω・`)

0004

大阪最古とも言われる神社ですが、如何せん大阪は太平洋戦争の大空襲で丸焼けになったため、古い建物はほとんど残っていません。

戦後になっていったん木造の本殿を再建したものの、ジェーン台風で倒壊。1956年になって鉄筋コンクリートで生国魂造の本殿が再建されました。

0012

0013

ずらずらと並ぶ境内社。あらゆるニーズにお応えします!

0015_2

井原西鶴像。西鶴が1日1夜で4000句の矢数俳諧を興行したのが、この神社。

0004_2

 さらに上町台地を南へ下って「愛染まつり」に沸く愛染堂。訪れた時はまだ準備の真っ最中といった感。

0012_2

 境内にある多宝塔。1597年(慶長2年)豊臣秀吉により再建された大阪市最古の木造建造物で、国の重要文化財。

0014

坂を下って四天王寺へ。法隆寺などともに聖徳太子建立七大寺の一つとされていますが、創建以来何度も災害・戦火に見舞われ、現在の中心伽藍は昭和30年代の再建。上写真は石鳥居。

0016

 西門

0000

 仁王門

0002

 金堂と五重塔

0000_2

 六時堂と石舞台

|

« ごらんアウェー:C大阪2012(1)~金久右衛門 梅田店 | トップページ | 支那そば あかだも@池袋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55128135

この記事へのトラックバック一覧です: ごらんアウェー:C大阪2012(2)~お初天神から四天王寺へ:

» ごらんアウェー:C大阪2012(3)~3738(みなみや)@長居 [浦和御殿]
(ごらんアウェー:C大阪2012(2)から続く)  阪和線長居駅西口、交番のある [続きを読む]

受信: 2012.07.25 11:45

« ごらんアウェー:C大阪2012(1)~金久右衛門 梅田店 | トップページ | 支那そば あかだも@池袋 »