« 【観戦記】12年第19節:浦和 2-0 磐田 | トップページ | 【閉店】いるか@竹ノ塚 »

2012.07.29

【TV短感】ロンドン五輪F組:日本女子 0-0 スウェーデン

・決定機の数では優にスウェーデンを上回っていましたが、シュート精度が甘かったり、しっかりミートできなかったりして最後まで得点ならずスコアレスドロー。スウェーデンの攻撃は案外しょぼくて負ける感じはしなかただけに残念な結果になってしまいました。

・日本は最初は専ら左サイドから、後半は右サイドも絡んでチャンスメーク。スウェーデンは自陣にブロックを作って守っていましたが、日本が澤に代えて田中を投入したあたりから徐々に守備ブロックが崩壊。日本は近賀のオーバーラップが効いて何度か決定機を掴みましたが、大儀見も大野も決められず。大儀見はポストプレーで良い働きをしていましたが、ストライカーとしては輝きを見せられず。

・澤をかなり早い時間帯に下げたのには驚きました。澤は前半不用意にボールを失って大ピンチを招く場面がありましたが、出来が悪いとも思わなかったのでこの交代は意外でしたが、結果的にこれが大当たり。それまで両ボランチとも攻撃は自重気味だったのに対し、この交代の後からは攻撃は田中、守備は阪口と両ボランチの役割どころがはっきりして日本の攻撃に勢いが生まれました。でも、日本はその勢いを生かしきれず。

・佐々木監督が放った2枚目のカードは大野→岩渕。スペースがない敵陣を岩渕のドリブルで打開しようという意図なんでしょうが、こちらは不発。前半再三チャンスに絡んだものの終盤消えてしまった川澄に代えて安藤を投入するのが先だと思ったのですが、安藤投入はなんとロスタイム・・・・

・守備はほぼ危なげなし。スウェーデンの攻撃は徹頭徹尾個人能力頼みで、しかも「2人付いていてもどうにもならない」とか「判っていてもやられてしまう」とかのレベルではないので、日本は組織的に応対できている分には全く問題なく、凡ミスさえ犯さなければ大丈夫。危なかったのは澤の一件と後半熊谷がぶち抜かれた場面だけかな? スウェーデンは日本のSBが攻撃参加した裏のスペースを狙って何度かカウンターを仕掛けましたが不発。

・試合内容も悪くはなく、またグループリーグ勝ちぬけにあたっては最も強いと目されるスウェーデンには引き分けでも何の問題もありません。カナダ戦と比べると鮫島の調子は上がってきたようですが、宮間が相変わらずイマイチなのがこの試合の懸念材料でしょうか。

---大野-大儀見---
川澄--------宮間
---阪口--澤----
鮫島-熊谷-岩清水-近賀
-----福元-----

58分 澤→田中
79分 大野→岩渕
90+1分 大儀見→安藤

|

« 【観戦記】12年第19節:浦和 2-0 磐田 | トップページ | 【閉店】いるか@竹ノ塚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55304117

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ロンドン五輪F組:日本女子 0-0 スウェーデン:

« 【観戦記】12年第19節:浦和 2-0 磐田 | トップページ | 【閉店】いるか@竹ノ塚 »