« ごらんアウェー:鳥栖2012(10・完)~だるま@博多 | トップページ | 【展望】12年第17節鳥栖戦 »

2012.07.05

金椋@九段下

 東西線九段下駅7番出口を出て、目白通りの真向かい。平日夕に往訪。先客3、後客ゼロ。

Kinmuku1205_04

 戸外の券売機でボタン左上の「素ラーメン(650円)」を注文。ボタンの数はやたら多いものの、そのほとんどがトッピングで、ラーメンのバリエーションはありません。

 店内は厨房に向かってI字型カウンター6席と、壁沿いに4人掛けテーブルが3卓。

 スタッフが4人もいるのに水セルフで、しかもすっかりぬるくなっているのを放置したまま。また手際が悪いのか、先客がラーメンとご飯を食い終わってからようやく餃子を持ってくる始末。また店内になんか変な臭いが漂っているのが気になりました。

Kinmuku1205_02

 やや小ぶりの丼で出てきました。

Kinmuku1205_01

 スープは家系といっても差し支えないくらいのとんこつ醤油。もっとも麺の堅さや脂の量など、家系にありがちなオプションは店内には明示されず。一般的な家系よりは粘度が強めな反面、それほどしょっぱくないのが特徴。ただ麺の量に比べるともともとスープが少なめなこともあって、食べているうちにどんどんスープがなくなってしまい、しかも急速にぬるくなるのが難。具が少ない素ラーメンでこれだと、下手に具を多くすると大惨事のような・・・

Kinmuku1205_03

 麺は染谷製麺製の太め&緩い縮れ入り。デフォルトだとちょっと頼りないので、堅めが出来るならそれに越したことはないかと。

 チャーシューは厚みこそあれ、堅くて旨みもイマイチ。他にほうれん草、海苔。

|

« ごらんアウェー:鳥栖2012(10・完)~だるま@博多 | トップページ | 【展望】12年第17節鳥栖戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/54789843

この記事へのトラックバック一覧です: 金椋@九段下:

« ごらんアウェー:鳥栖2012(10・完)~だるま@博多 | トップページ | 【展望】12年第17節鳥栖戦 »