« うさぎ家@要町 | トップページ | 麺や ひだまり@千駄木(2) »

2012.07.01

【観戦記】12年第16節:C大阪 1-1 浦和

・蒸し暑い天気に加え、雨で滑りやすいピッチコンディションも災いしてか、どちらもイージーなミスが非常に目立った低調な試合内容。浦和は比較的マシだった前半に先制点を挙げたものの、後半はほぼ一方的に攻められっぱなし。しかも何度かあったカウンターのチャンスを一つも決められず。セレッソの猛攻を支えきれずにロスタイムに失点し、悔しいドロー。混戦の中5位にまで順位を落としてしまいました。

・追いつかれたのがロスタイムなので、瓦斯戦同様どうしても勝ちきれなかった印象が強く残ってしまいますが、甚だ低調だった試合内容を考えれば勝ち点3に値する試合とも思えず。開幕前からの懸念どおり、夏場のミシャサッカーのパフォーマンスはこんなものなのかもしれません。

・この試合はとにかくパスミス、連携ミスが多すぎました。ただ90分を通じて悪かったわけではなく、前半はセレッソの前からのプレッシングを巧みに交わしてマルシオや柏木に縦パスを入れる場面も何度かありました。セレッソは浦和の両IHを簡単に前を向かせてしまうという対浦和で最もやってはいけない愚を再三犯し、後方から飛び出してくる浦和の選手を捕まえきれずにあわやという場面がしばしば。啓太が柏木とのパス交換でエリア内に飛び出した先制点はまさにそのパターン。

・前半のセレッソは前から懸命にプレスをかけるものの、その割りにDFラインが低くて中盤がスカスカ。これではどうしようもありません。浦和はDFライン裏への飛び出しを狙うだけではなく、マルシオや阿部がDFライン前から際どいミドルシュートを放つ場面も。

・しかし先制した浦和はその後急激に失速し、セレッソのサイド攻撃に悩まされる羽目に。前半のセレッソは完全に平川の裏狙い。前に出てきた左SB丸橋の縦パスを受けて清武などが平川の裏を取る場面が見受けられました。30分前後には清武→柿谷、ケンペス→柿谷と立て続けに決定機を許してしまいましたが、そこはなんとかGK加藤がセーブ。

・後半になると浦和の劣勢はより顕著に。セレッソは前掛りになって前半よりもアーリークロスをバンバン上げるようになり、浦和は自陣深くに釘付けに。なんとか最終ラインでボールを奪っても上手く前線に繋げずに簡単にボールを失い、セレッソの波状攻撃を浴びる始末。

・ただセレッソも攻めている割にはゴールが遠い。アーリークロスを最前線にガンガン上げて、こぼれ玉を優秀な2列目に拾わせる算段なのかもしれませんが、ケンペスがターゲットとして大して役にたっていない上に、こぼれ玉を上手く拾っても浦和のベタ引きDF陣を崩すアイデアがなく、撃てども撃てどもシュートは枠の外。

・故障明けでコンディションが良くないのか、攻守ともさっぱりだった平川に代えて宇賀神を投入したあたりから浦和もようやくカウンターで反撃。しかし何度かあったカウンターのチャンスを一度も決められなかったのが今日の敗因。いや負けてはいないのですが。

・柏木が小破したのか、急遽達也を投入しては見たものの、良くも悪くも何の存在感も見せられず。予期せぬ柏木の交代で疲労がより激しいマルシオをピッチに残さざるを得なかったのも今日の敗因。しつこいようですが負けてはいないんですがね。

・さらにセットプレーの守備強化も兼ねてか、へろへろの原口に代えてランコを投入するも、2度あった絶好機を決められず。一生懸命やっている姿には好感が持てますが、流れるトラップといい、あんまりな決定力といい、ランコはもうお別れせざるを得ないんでしょうなぁ・・・

・渾身の力を振り絞ってのカウンター攻撃が実らない浦和は終盤疲労困憊。セレッソの攻撃に対してボールを蹴りだすだけで精一杯。実に見苦しい有様。

・ただセレッソも相変わらず単調なサイドからの放り込み&バイタルエリアでのもたもたを続けるだけ。なんだかんだといって浦和が逃げ切りに成功するかと思いましたが、ロスタイムに加藤の弾いたこぼれ玉にいち早く反応した柿谷に押し込まれて失点。セレッソの力攻めに屈した形で試合終了。

・この試合はニュルンベルグへ移籍が決まった清武の国内ラストゲームで、36000余の大観衆が詰めかけましたが、セレッソが同点に追いついたのは清武が交代を告げられた後。間が悪いというかなんというか・・・・

20120630029

-----原口-----
--丸塩----柏木--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----

得点:20分 啓太

58分 平川→宇賀神
70分 柏木→達也
81分 原口→デスポトビッチ

・ポポの故障で1トップはやむなく原口を起用。仙台戦ではDFラインの裏狙いを何度も試みていましたが、この日はポストプレーにチャレンジ。意欲は買えますが、結果はさっぱりでファウルを貰うのが精一杯。フォア・ザ・チームの意識が高まっていたのは良いことですが、シュートなしでは相手も怖くなかろうし・・・

20120630041

---柿谷--ケンペス--
清武-------金甫炅
---扇原--山口---
丸橋-藤本--茂庭-酒本
-----金鎮鉉----

得点:90+1分 柿谷 曜一朗

73分 丸橋→播戸
81分 清武→ブランキーニョ
89分 酒本→永井

|

« うさぎ家@要町 | トップページ | 麺や ひだまり@千駄木(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55091263

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】12年第16節:C大阪 1-1 浦和:

« うさぎ家@要町 | トップページ | 麺や ひだまり@千駄木(2) »