« 【屋号変更】麺処 美羽@湯島 | トップページ | 【展望】12年第19節磐田戦 »

2012.07.27

【TV短感】ロンドン五輪D組:日本 1-0 スペイン

・引き分けどころか、1点差負けくらいなら御の字と思いながらまったりと見ていましたが、なんとなんと優勝候補の一角と目されたスペイン相手に勝利!!!

・しかも「マイアミの奇跡」みたいに実質的にボコボコにされながらGKが当たりに当たって凌ぎまくった挙句、相手の凡ミスでなんとか勝ったようなジャイアントキリングでもなんてもなくて、スペインにチャンスらしいチャンスを与えなかった堂々の寄り切り勝ち。

・まぁ決勝まで見据えて戦う必要があるスペインのコンディションが大会初戦ということもあってどう見ても良くなかったとか、前半終了間際にスペインに退場者が出たために前半飛ばしまくった日本が最後まで守りきれたとか、日本勝利に対する後講釈はいくらでも付けられますが、100人中99人もが予想しなかったであろうスペイン戦での勝利を率直に称えたいと思います。

・日本の勝利を引き寄せたのは組織的な守備。最終ラインに吉田&徳永とOAを2人も起用した効果は絶大でした。序盤からいくらなんでもやりすぎだろうと危惧されるくらい前からプレスを仕掛け、そして時間の経過と共に自陣に守備ブロックを築いて防戦。選手が相互に連携を保って守備網を形成し、最後は吉田なり鈴木なりがしっかり応対。南アW杯同様、守りは世界のトップクラスと十分闘えることをまたしても実証した格好。

・前半のスペインは日本守備網を崩せず、ミドルシュートを2本放っただけ。日本の最終ラインが下がり気味になった後半になってスペインがエリア内に侵入する回数も増えましたが、それでも決定機らしい決定機は作れず。

・守備が良く機能している日本は徹底してカウンターで応戦。ここでは永井の快足が十二分に威力を発揮し、前半終了間際に相手を一人退場に追い込むことに成功。スペインは永井のことなんて全く研究していなかったのかもしれませんが、永井の1トップ起用はズバリ当たりました。

・34分に扇原CK→大津で先制した後、日本は何度もカウンターで決定機を掴みましたが、これが一つも決まらない。この日は清武がトホホな出来に終始し、守備のよさとは対照的にあんまりな日本の攻撃が浮き彫りになった試合でもありました。

・また大津&酒井宏が故障退場するアクシデントも発生。大津に代わって入った斎藤の出来がこれまたあんまりで、今後の戦いに向けて不安材料を残す結果に。

・追加点が取れなかったのは残念でしたが、相手にも決定機を与えないまま迎えた終盤、関塚監督は山村を投入して日本の数的優位を解消するという余裕のかましっぷり(笑) 「こらヤバイわっ!」と思ったのか、清武が必死に相手コーナーで鹿島ることしばし。ああいう逆説的なゲームの締め方があるんですなぁ・・・(苦笑)

・120点をつけられる試合内容ではありませんが、本番は結果が全て。グループリーグで最強のスペイン相手に勝ち点3を得ただけで100点満点です。グループリーグ突破へ向けて残り2戦、完全に燃え尽きましょう!(謎)

|

« 【屋号変更】麺処 美羽@湯島 | トップページ | 【展望】12年第19節磐田戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55289616

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ロンドン五輪D組:日本 1-0 スペイン:

« 【屋号変更】麺処 美羽@湯島 | トップページ | 【展望】12年第19節磐田戦 »