« 【閉店】いるか@竹ノ塚 | トップページ | 食処 渓@川口(3) »

2012.07.30

【TV短感】ロンドン五輪D組:日本 1-0 モロッコ

・苦しい時間帯が長く続きましたが、終盤に永井の快足がついに爆発。不用意に飛び出してきたGKの頭上をふわりと浮き玉で抜く、永井らしくない技ありゴールが決まって日本連勝で決勝トーナメント進出決定!スペイン戦でシュートを外しに外し、この日はスペースがなくてほとんど見せ場らしい見せ場がなかった永井が、一回こっきりしかなかったチャンスを決めてくれました。

・この日も守備は破綻なし。モロッコはスペインとは対照的に体格差を生かしてゴリコリ、ガツンガツンと当たってくるチームで、しかも前線にそれなりにキープ力があるためか、日本は終始押し込まれがち。しかし、日本は粘り強く応対を続け、モロッコに与えた決定機はロスタイムに突入するまでは前半にセットプレーで1回あっただけ。あとはきわどいミドルシュートを2本ほど撃たれたくらいでしょうか。

・しかし日本がボールを奪う位置が低いためどうしても攻めに時間がかかり、ボールを前に運んだ頃にはモロッコの守備陣もすっかり出来上がってしまって、スペイン戦のようなカウンター攻撃は仕掛けられず。前半は簡単にボールを前に蹴り出して、簡単にボールを失ってしまう場面が目立ち、チャンスはCKから鈴木と吉田が放ったヘッドのみ。

・後半はバイタルエリアから清武や大津がミドルシュートを放ったもののGKの好セーブで得点ならず。山口がエリア内に突入したビッグチャンスも山口のシュートはバーの上。

・永井を警戒してか、引き気味に構えてスペースを消すモロッコを日本は攻めあぐみ、永井の1トップを諦めて大津をポジションを入れ替えては見たものの全く効果なし。引き分け已むなしかなあと思っていた矢先に飛び出したのが永井のゴールでした。

・ロスタイムに突入してなぜか姿を現した山村。それに気づいた日本イレブンがパニック状態に陥り、モロッコにこの日最大のチャンスを与えてしまう一幕がありましたが、権田と吉田の奮戦でなんとか逃げ切りに成功。あの山村投入の意図はなんだったんだろう・・・・

|

« 【閉店】いるか@竹ノ塚 | トップページ | 食処 渓@川口(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55311671

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】ロンドン五輪D組:日本 1-0 モロッコ:

« 【閉店】いるか@竹ノ塚 | トップページ | 食処 渓@川口(3) »