« 【観戦記】12年第24節:浦和 1-1 大宮 | トップページ | 勝浦タンタンメン ~ 三彩亭@勝浦 »

2012.09.02

【閉店】中華そばけいすけ 中屋味噌@本郷3丁目

0000

 本郷3丁目駅から本郷通りを北上。東大赤門の手前。味噌が売り物の「初代けいすけ」を潰して二郎パクリ系の「鬼瓦」に変えてみたものの、何一つ良い噂を聞くことなく短期間で閉店。その後に再び味噌専門店を開店。日曜昼に往訪。先客ゼロ、後客1。

0006

 店内の券売機で基本の「中屋味噌ラーメン(700円)」を注文。他に「味噌つけ麺」も。

 店内は「初代」の時から特に変わったところはなく、コの字型カウンター10席のみ。店員の接客教育が行き届いているのはけいすけチェーンの良いところ。

0002

 見た目が赤いため辛味噌っぽい味わいを想像していたのですが、良くも悪くも実態は予想の斜め上。ラー油でわずかに辛味を出している程度でほとんど辛くありませんし、そもそも味噌スープにしては随分とさらっとしています。店内の能書きを読むとベースは魚介系とのことですが、味噌の下支えとしてはちょっと弱いような・・・

 なお中屋味噌は高松の味噌。うどん王国高松には全くと言っていいほど味噌のイメージはありませんが、辛くはないがコクと深みのある面白い味噌だとは思いました。

 不可解なのは中央にでんと載せられたアオサ。ほんのり生臭いだけで、旨味としては何一つプラスに働いていないような・・・生臭さを緩和しようとしたのか、脇にちょこっと生姜を添えてありますが、これはこれで個性が強くてアオサの存在を無にしているだけのような・・・

0003

 麺は並太ストレート麺。ややざらつきを感じる麺ですが、スープとの相性はまずまず。

 具は薄いチャーシューと穂先メンマ、刻み玉ねぎ、そしてナルト。麺といい、具といい、全般にちょっと量が少なめ。ランチタイムでもこれといったサービスはなく、ライスも有料なので、学生街だと割高感あり。

 動物系出汁&脂コテコテといった、安易かつありがちな方向に走らなかったのは大したものですが、逆に言えば試作的色彩が強いのも確か。割高感とあいまって、この場所では長続きしないかもしれません。

|

« 【観戦記】12年第24節:浦和 1-1 大宮 | トップページ | 勝浦タンタンメン ~ 三彩亭@勝浦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55521700

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】中華そばけいすけ 中屋味噌@本郷3丁目:

« 【観戦記】12年第24節:浦和 1-1 大宮 | トップページ | 勝浦タンタンメン ~ 三彩亭@勝浦 »