« 【閉店】鶏頂天 巣鴨店@巣鴨 | トップページ | 【閉店】福籠@浦和 »

2012.09.30

【観戦記】12年第27節:柏 1-2 浦和

・終盤の決定機に柏木のシュートが枠を逸れた時点で、個人的には引き分けやむなしという心境になってしまいましたが、選手たちは全く諦めていませんでした。矢島目掛けて加藤が超ロングスロー → 矢島が大谷に競り勝って、こぼれたところに猛然とつっこんだのがポポ。ボールへの距離は栗澤のほうが遥かに近いようにも見えましたが、栗澤と前に出てきたGK稲田がわずかにお見合いしたためか、ポポの脚が一瞬早く届いてGKを交わし、ボールはコロコロと転がってゴールマウスの中へ。

・前半半ばにして原口に代わって投入されたポポ。原口よりは格段にマシとはいえ、やや空回り気味なのも否めない出来でしたが、その闘志、その諦めない心が劇的なゴールをもたらしました。諦めない奴のところにボールは転がってくる。たとえ10発、20発と外そうが試合を決定付ける1発さえ決めれば英雄になれるFWの世界に欠かせない「諦めない心」がポポに宿っていました。

・またポポに限らず、この試合からは選手達の気魄を感じるプレーが随所で見られました。前節G大阪戦、ホームで屈辱的な大敗を喫したばかり。その悔しさをなんとか次の試合で晴らそうと必死に走り回り、激しく玉際に詰める浦和の選手達。その姿があったからこそ、たとえ引き分けで終わっていてもそれなりに満足が行く試合だったと思います。

・エンディングが劇的で思い出深い試合になりましたが、試合内容はそれほど芳しいものではありませんでした。柏は浦和が前3人に縦パスを入れてきたところを潰してからのカウンター狙いを徹底。浦和はボールを持っている時間こそ長いものの、単に持たされているだけという按配。それでもチャンスを前後半とも2回ずつ作り、うち1回を梅崎の同点ゴールに結び付けていますから、前節G大阪戦よりは格段にマシ。

・ただ、前にボールが収まらないためにチャンスの数と同等、あるいはそれ以上にピンチの数が多かったのも確か。特に原口の出来は眼を覆わんばかりで、ミシャはとうとう前半27分にして原口に見切りをつけてポポを投入。その後原口は大荒れになったようで、試合後の挨拶にも姿を見せませんでしたが、原口は誰がどう見ても下げられて当然の出来。

・ボールを奪った柏は浦和右サイドを中心に攻撃。ただ何度かあったチャンスを工藤が決められず、得点はCKからの1点どまり。序盤の橋本→工藤の決定機はシュートがGK加藤のほぼ正面。後半も橋本が浦和右サイドを深く抉ったものの、工藤のシュートはわずかに枠の外。さらに永田の縦パスをカットしてからのカウンターも工藤はシュートを加藤にぶちあててしまいました。

・柏にとって不幸だったのはレアンドロ ドミンゲスの負傷退場。ネルシーニョは後半の勝負どころでジョルジ ワグネルを投入する算段だったのでしょうが、そのゲームプランが瓦解しただけでなく、レアンドロ ドミンゲスがいなくなったことで柏の攻撃に厚みがなくなってしまいました。浦和の守備は引いてスペースを埋めるのがメインでボールホルダーへがっつり詰めないので、ジョルジ ワグネルなどの一発を喰らいやすい難がありましたが、ミドルシュートは悉く加藤がセーブ。

・一方浦和はレアンドロ ドミンゲス退場により、啓太に代わってボランチに下がった柏木の守備負担がかなり軽くなってその攻撃力が活きる展開に。後半2度あったチャンス(ポポ→柏木、マルシオ→柏木)はいずれも柏木がエリア内に突入したもので、あれは啓太だとありえないでしょうなぁ・・・

・前3人がさっぱりなので、前半の浦和の攻撃は両WBへ大きく振ってからのサイド攻撃頼み。特に平川はどフリーになりがちで、浦和の1点目は平川→マルシオ、GKが弾いたところを梅崎が詰めたもの。さすがにネルシーニョは後半その辺を修正してきました。

・またこの試合で面白かったのは永田や阿部がドルブルでボールを持ち上がる場面が目立ったこと。柏はG大阪ほど前からのプレッシャーがきつくないからこそ出来た芸当でしょうが、それほど効果的とは言えず。ただ相手の研究が進んでくる中で、浦和も相応の変化をつけないと行き詰まってしまうでしょうから、これはこれで評価すべきなんでしょう。

20120929007

-----原口-----
--丸塩----梅崎--
宇賀神-柏木-阿部-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----

得点:39分 梅崎司、90+3分 ポポ

27分 原口→ポポ
86分 梅崎→矢島
89分 平川→野田

・宇賀神をスタメン起用し、さらにポポを早々と投入してしまうと、点を取りに行きたくてももはや攻め駒がないのが浦和の現状。久しぶりにベンチ入りした矢島が投入されたのが86分だったというのが、ミシャがまだ矢島を信頼しきれていないのを如実に表していると思います。ただその矢島がわずかな出場時間で決勝点に絡むあたりが、矢島のもって生まれた強運なのかどうか。

20120929009

-----工藤-----
水野---田中---レドミ
---大谷--栗澤---
橋本-近藤--那須-藤田
-----稲田-----

得点:15分 OWN GOAL

31分 レアンドロ ドミンゲス→ジョルジ ワグネル
HT  田中順→澤
80分 水野→茨田

・不動のレギュラーGK菅野にアクシデントでもあったのか、菅野はベンチにすら入らず。ポポのゴールはGKが菅野だったらなかったかも。レアンドロ ドミンゲスの負傷共々、柏にツキがありませんでした。

・ジョルジ ワグネルをベンチスタートにして、今季あまり起用実績がない水野をスタメンにしたのは後半勝負狙いとしか考えられないのですが、水野はほとんど何もしていなかったような・・・

|

« 【閉店】鶏頂天 巣鴨店@巣鴨 | トップページ | 【閉店】福籠@浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55779228

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】12年第27節:柏 1-2 浦和:

« 【閉店】鶏頂天 巣鴨店@巣鴨 | トップページ | 【閉店】福籠@浦和 »