« 【観戦記】12年第27節:柏 1-2 浦和 | トップページ | 吉田うどん2012(上)~麺許皆伝@富士山 »

2012.09.30

【閉店】福籠@浦和

0003

 仲町交差点を西へ。パインズホテルを越えてすぐ。浦和の「羅麺家 匠」が屋号と味を変えて再出発したもの。土曜昼に往訪。先客ゼロ、後客11。

0002

 店の内外とも、やたら能書きが目立つようになりました。メニューは「中華そば」と「つけ麺」の2本立て。店内の券売機で売り物らしい「石焼ちゃーしゅう麺(800円)」を注文。並(150g)・中(200g)同値段ですが並で。

 店内は「匠」時代と全く変わっておらず、右側の区画はカウンター席のみ、壁に向かって5+6席。左側には小上がりに大きなテーブルが2卓。右側は窓が小さくて薄暗いのも相変わらず。経費節約なのか、大画面でのサッカー放映はやっていませんでした。

0000

 「匠」時代とは一転してすっきりとしたビジュアル。スープは動物系と魚介系の出汁のバランスが良いなかなかの出来ですが、惜しむらくはややしょっぱめ。無化調とのことですが・・・

0001

 麺は並太ストレートでもっちりとした食感ですが、スープに対してはやや強すぎる印象で、スープもさっと絡む程度。並だとちょっと量が少ない気がしますが、中だとスープとのバランスが崩れそう。

 売り物の石焼チャーシューは仕事ぶりが丁寧で、手間がかかってることは良く判りますが、脂多めで個人的にはちょっと苦手。他に青菜、刻みネギ。

 浦和の人気店ですが、いろんなところでちょっとずつ惜しい感じ。

|

« 【観戦記】12年第27節:柏 1-2 浦和 | トップページ | 吉田うどん2012(上)~麺許皆伝@富士山 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/55613600

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】福籠@浦和:

« 【観戦記】12年第27節:柏 1-2 浦和 | トップページ | 吉田うどん2012(上)~麺許皆伝@富士山 »