« GANCON NOODLE @駒込 | トップページ | 熊本2012(1)~三角西港 »

2012.12.02

【観戦記】12年最終節:浦和 2-0 名古屋 ~ ACL出場決定!

・久しぶりに最終節勝利。しかも試合内容では名古屋相手に点差以上の圧倒的な差を見せつけての完勝。さらに上位にいた鳥栖や柏が共に敗れるという僥倖にも恵まれて3位に滑り込んでACL出場権を確保。この試合が埼スタ最後になる達也とポポへ格別の餞になりました。

・それにしても不思議なくらいに浦和の良いところが出まくった試合でした。逆に言えば名古屋の無為無策ぶりが浮き彫りになった試合でした。

・浦和相手に前からがっつりプレスをかけたり、5バック気味に構えてサイドのスペースを埋めたり、中央を固めて浦和の前3人を自由にさせなかったりと、各クラブともいろんな手立てを講じてきましたが、名古屋はリーグ最終節というのに何一つ浦和対策らしいものを立てたようには見受けられず。

・名古屋はケネディが故障離脱したため、闘莉王大作戦が常態化していますが、今日はその弊害がモロに出た格好。闘莉王は全くと言っていいほど守備をしないため、浦和は最終ラインからのビルドアップがめちゃ簡単。また陣形が間延びしがちな名古屋は中盤もスカスカな上に、浦和の撒き餌パスに面白いようにひっかかってパスコース空けまくり。サイドは空くわ、バイタルエリアも空くわで、全く守備の形をなしていませんでした。

・そんな名古屋相手に浦和は序盤から右サイド中心に攻勢。平川のクロスにフリーで飛び込んだ柏木のヘッドに、珍しく楢崎が対応を誤って浦和先制。さらに40分前後に柏木や梅崎が絶好機を掴みましたが、今後は楢崎が好セーブ連発で追加点ならず。

・後半は浦和の最終ラインが下がりがちになって、名古屋お得意の放り込み&ラッシュをくらいがちになってしまいましたが、この日は浦和守備陣が奮戦。暢久が闘莉王相手に奮闘した上に、闘莉王が落としたこぼれ玉への反応が浦和のほうが格段に良いため、名古屋はほとんど攻撃の形を作れず。たまに名古屋のサイドからの放り込むを許すことがあっても浦和の最終ラインが体を張りまくって決定機を与えず。

・結局のところ名古屋の決定機は前半終了間際、阿部のボールロストからカウンターを喰らって、永井のシュートを槙野が身を挺して防いだ場面だけかも。

・浦和は後半の早い時間帯に槙野が強烈なFKを決めて追加点。それ以外にも珍しくCKから決定機があったり、カウンターでも決定機を掴んだりしましたが3点目は奪えず。3点目が入っていれば達也の出番があったような気がしますが、2点差では試合の流れとは何の関係もなくぽこっと点を取る力がある名古屋相手にはやや心もとなく達也の出番はなし。故障明けの柏木を下げたり、高さ対策で濱田を入れたりしながらきっちり勝ち点3を確保。

20121201003

-----丸塩-----
--柏木----梅崎--
宇賀神-阿部-啓太-平川
-槙野--暢久--坪井-
-----加藤-----

得点:23分 柏木、59分 槙野

HT 梅崎→原口
74分 柏木→矢島
88分 啓太→濱田

・後半頭から梅崎に代えて原口を投入した意図が全く判りませんでしたが、梅崎は小破したのかな?新聞報道通り、マルシオをCFに据えて原口はベンチスタートになりましたが、名古屋の守備があんまりなことも手伝って1トップマルシオはそこそこ機能。原口よりも視野が広くてしっかりボールが持てるため、柏木がやりやすそうな印象を受けました。2列目に下がった後半もマルシオは攻守に奮闘。

・逆に後半頭から投入された原口はリーグ終盤の不振を引きずったまま。何度かあったカウンターのチャンスをものに出来ず、また簡単にボールを失ってしまう場面もちらほら。

・リーグ戦も大詰めになってから坪井の攻撃力が覚醒した感。浦和は右サイドからの攻撃に厚みがないためか、森脇獲得が噂される中で急に坪井の積極的なプレーが目立ちだしました。

・阿部に致命傷になりかねないミスが多かったような。お疲れなのか、原口同様終盤戦の出来はイマイチ。

20121201008

-----闘莉王----
永井---玉田---小川
---ダニルソン-田口---
阿部-増川--ダニエル-隼磨
-----楢崎-----

HT 玉田→藤本
62分 ダニルソン→金崎
74分 永井→田中輝

|

« GANCON NOODLE @駒込 | トップページ | 熊本2012(1)~三角西港 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/56231542

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】12年最終節:浦和 2-0 名古屋 ~ ACL出場決定!:

« GANCON NOODLE @駒込 | トップページ | 熊本2012(1)~三角西港 »