« 【展望】ACL広州恒大戦 | トップページ | 【閉店】つるぎ屋@赤羽 »

2013.02.27

【TV観戦記】13年ACL GL第1戦:広州恒大 3-0 浦和

・公式戦初戦がACLで、しかも強敵相手のアウェーゲーム。引き分けで終えれば十分と考えていましたが、結果は0-3の大敗。しかも試合内容も攻守ともさっぱり。浦和の2013年はほぼ最悪といっていいくらい、残念なスタートになってしまいました。

・なにせ失点の仕方が悪すぎ。相手は攻守分断気味で、引き気味の布陣で中国人が守って、ボールを奪ったら素早く前3人の外国人に託すといった感じでしたが、この前3人、特にムリキが実に強力。こんな相手に自陣深い位置でパスミスを犯したら一気にゴールを陥れられますわ・・・

・浦和の立ち上がり自体は上々でしたが、阿部のパスミスを機にカウンターを喰らって失点。スピードのあるムリキに対して安易に飛び込んであっさり交わされる槙野も残念でしたが・・・

・2失点目はさらに情けない形。最終ラインにいた啓太から左に開いていた阿部へのパスがカットされて、ぽんぽんとボールを繋がれて失点。

・負傷の坪井に代わって右CBに入った森脇を除けば全員昨年の主力なのに、最終ラインからのビルドアップにミスが目立ったのは非常に不可解。ピッチ状態が良くないのもその一因かもしれませんが、キャンプ中の練習試合でも最終ラインでのお粗末なミスに起因する失点が目立っていただけに気になるところ。

・失点してからの浦和の攻撃は完全に尻すぼみ。昨年終盤の浦和の良くない時期そのもので、とにかく前3人に良い形で縦パスが入りません。原口は興梠に学ぶところがあって1トップでも昨年から成長した姿を見せてくれるかと思ったのですが、残念ながら昨年と大差なし。さらに悪いことにマルシオ & 柏木の2シャドーが揃いも揃って不調。後方からのパスの出し手も不安定なら、受けるほうもさっぱり。

・この試合で光明を見出すとすれば、マルシオに代わって投入された阪野。体を張ってのボールキープといい、DFの裏へ走り出してのボールの引き出しといい、どう見ても1トップ適性は原口より上。阪野の動きに呼応して、2列目に下がった原口が幾度かエリア内への飛び出しを見せ、得点の可能性を感じさせてくれました。原口のシュートが相手のハンドに阻まれたように見えたものの、審判に見逃された不運も。

・阪野に次いで投入されたのは関口。こちらはスピードがあるもののクロス精度に難があり、まだまだこれからといった印象。

・新戦力で唯一スタメンに名を連ねた森脇は攻守ともまずまず。攻撃参加して流れの中から枠内シュートを放つ場面も。ただ先制されたためか、槙野と共に上がってしまう場面もあって、その際のリスクコントロールが浦和の課題かと。

・阪野投入後は1点返せるような気がしましたが、結局のところ決定機らしい決定機はなし。ロスタイムにムリキに縦パスが入ったところを機に一気に畳み掛けられて、最後は啓太のオウンゴールで致命的な3失点目を喫してしまいました。

・広州恒大の外国人、特にムリキが強烈なのは良く判りましたが、力負けしたというより限りなく自爆を重ねたといって差し支えない大敗。広州恒大のサッカーはお世辞もにも面白いとは言いがたいのですが、相手の隙を見逃さない点では恐るべき相手でした。

-----原口-----
--柏木----丸塩--
宇賀神-阿部-啓太-梅崎
-槙野--永田--森脇-
-----加藤-----

59分:マルシオ→阪野
70分:梅崎→関口

得点:16分 バリオス、65分 ムリキ、90+1分 OWN GOAL(啓太)

|

« 【展望】ACL広州恒大戦 | トップページ | 【閉店】つるぎ屋@赤羽 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/56847781

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】13年ACL GL第1戦:広州恒大 3-0 浦和:

« 【展望】ACL広州恒大戦 | トップページ | 【閉店】つるぎ屋@赤羽 »