« 双麺@錦糸町 | トップページ | 鶏の穴@池袋(2) »

2013.03.03

【観戦記】13年第1節:広島 1-2 浦和

・共に厳しい日程でしたが、前半から後半頭まで浦和が攻守に広島を圧倒。浦和が相対的に優位だった時間帯に2点先取し、1点奪取されてから広島に押し込まれる時間帯こそ長くなりましたが、広島の頼みの綱である寿人を最後まで自由にさせず、なんとか逃げ切り。

・楽な試合ではありませんでしたが、チャンスの数からすればうらわの快勝といっていい試合でした。ロスタイムのカウンターの絶好機を決めていれば文句ない試合でしたが。

0013

・浦和は広州帰りの中3日、広島はACLをホームで戦って中2日と条件に大きな差があるわけではないにも関わらず、前半の広島の動きは非常に緩慢でした。そんな不甲斐ない相手に浦和は積極的な守備を披露。守備時は例によって5バックですが、前から前から積極的にボールを奪いに行きました。

・ボールを失うとすぐに攻守を切り替えて、まずは広島のパスの出し手、つづいて広島のパスの受け手にがっつりと襲い掛かり、広島得意のパス回しを封じるだけでなく、高めの位置でボールを奪ってカウンターへ。槙野・宇賀神・原口と名前だけ見ればクラクラしそうな左サイドも見事に連動して広島の攻撃を封殺。

・もっとも怪我で欠場の高萩に代わってスタメンに入った石原がボールの受け手としてはほとんど機能しないのにも助けられた感もありましたが・・・石原はスーパーサブ的な使い方しかできないのかも。

・浦和の攻撃は専ら左サイドからで、森脇の攻撃参加は非常に限定的。往々にして両CBが上がってしまい勝ちだった広州戦の反省なのか、あるいは広島が相対的に強みを持つ左サイド(清水&水本)の攻撃を警戒した結果なのかどうかは判りませんが、森脇を後ろに残して梅崎をフィニッシャーとして突っ込ませるような攻撃が目につきました。

・手数こそ浦和が圧倒的に上なものの、どん引きでゴール前を固める広島に対して決定機を作れず、シュートはほとんど角度のないところからばかり。

・やや飛ばし気味とも見える浦和の体力が90分持つわけがないので、優勢な時間帯に先制できないとヤバイと思っていたところ、カウンターから原口の頑張りが効いて、後方から走りこんできた柏木がゴール!柏木は広州戦に続いてこの日の前半もイマイチでしたが、このゴールの後尻上がりに調子を取り戻した感がありあり。

0019

・後半になっても広島の動きは冴えず。浦和が何度か広島ゴールに迫った後、柏木が素早いリスタートで広島守備陣の虚を突き、原口が遠目の位置から放ったシュートを西川がまさかのポロリで浦和追加点!どう見ても西川様々のゴールですが、原口を2列目に配して前を向く時間を増やすことで、そのシュート力が遺憾なく発揮された場面だったともいえます。

・ただその直後、ペナルティエリア近くで不用意に与えたファウルを機に直接FKを森崎和に決められて1点差。このあたりから浦和も運動量が落ちて前からの積極的な守備が機能しなくなり、広島のパス回しに翻弄されたあげく守備で後手に回る場面が増え始めました。

・広島は唯一の攻め駒山岸を投入すると、浦和は原口に代えて守備力の高いマルシオを投入。さらにコンディションが万全ではない興梠に代えて阪野を投入。しかし、広島の攻勢を押し返すには至らず。とりわけ広島左WB清水には自由にやらせすぎじゃないかと訝しくなるほどで、鋭いクロスを2、3度送られてしまいましたが、ここで奮起したのが浦和CB陣、特に永田。

・要は「サイドを少々やられても寿人さえ抑えておけば問題ない!」とばかり、永田が寿人の前に敢然と立ちはだかりました。こぼれ玉は槙野なり森脇なり阿部なりがすかざずフォロー。うっかりしない永田がこれほど頼もしいとは! いや前半珍しく攻撃参加してものの見事にカウンターを食らった場面がありましたが(苦笑)

・終盤は柏木に代えて那須を投入。しかも3ボランチにするのではなく、啓太を2列目に上げて広島CB陣に前からプレスを掛け、自由なフィードを許さないという念の入れよう。

・昨年の濱田の役割を那須に担わせたようなもので、那須本人は甚だ不本意とは思いますが、監督にとっても見ている側にとっても勝っている局面でこれほど信頼できる役者はいません。山岸しか使える駒がいない広島と比べると贅沢すぎる浦和の駒使い!

・開幕戦の勝利は2007年以来だとか。もっとも浦和公式戦のファーストゲームは広州恒大戦で、そこできっちり負けているんじゃないかという有力説も。

0026

-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-啓太-梅崎
-槙野--永田--森脇-
-----加藤-----

得点:37分 柏木、51分 原口

66分 原口→マルシオ
73分 興梠→阪野
85分 柏木→那須

・小破でACLを欠場した興梠がリーグ戦初戦でスタメン出場。興梠本人にはシュートチャンスがなく、その意味ではまだまだこれからなのでしょうが、相手を引き連れながらボールを捌く、あるいは囮になって2列目を生かすといった仕事はこなしており、上々の浦和デビューだと思います。柏木の先制点でも前で興梠が2人しっかり引き連れています。

0042

-----佐藤-----
--石原----浩司--
清水-和幸--青山-石川
-水本--千葉--塩谷-
-----西川-----

得点:55分 森崎浩

62分 石川→山岸
77分 石原→野津田

・守備が決定的に破綻したわけではありませんが、攻撃は明らかに迫力不足。森脇が去り、さらにミキッチ&高萩が故障。攻撃面では選手層の薄さを早々と露呈したような・・・

|

« 双麺@錦糸町 | トップページ | 鶏の穴@池袋(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/56873241

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】13年第1節:広島 1-2 浦和:

« 双麺@錦糸町 | トップページ | 鶏の穴@池袋(2) »