« 【閉店】ちゃんこらーめん 時津洋@赤羽 | トップページ | 【展望】13年第5節磐田戦 »

2013.04.04

【観戦記】13年ACL GL第3戦:浦和 1-3 全北現代

・槙野のカットイン&後方から飛び出した原口のゴールで浦和が早い時間帯に先制。その後前半立て続けに訪れた絶好機を原口やマルシオが決められず、逆に後半にセットプレー絡みで一気に逆転されてしまいました。

・序盤のうちに試合を終わらせることができず、終わってみれば「セットプレーで数少ないチャンスをものにし、その後は引いて守ってカウンターをちらつかせながら逃げ切る」という相手の狙いにずっぽりと嵌った格好での敗戦。勝てた試合を勝てなかったどころか、ホームで2点差をつけられての敗戦という極めて厳しい結果になってしまいました。

20130403025

・序盤の全北の守備はズタボロ。DFラインを押し上げて前からプレスをかけようとしたのかもしれませんが、フォアチェックは鋭さも連動性もなく、簡単に浦和に交わされていました。また非常に驚いたことに浦和の2シャドーへのマークも緩慢。浦和は簡単に縦パスを入れ、さらにボランチも攻めあがってチャンスメーク。先制後の啓太→原口、あるいは平川→原口スルー→マルシオのどちらかが決まっていればこの試合は決まっていたと思えて仕方ありません。マルシオFKが枠隅を直撃したのも残念。

・勝てた試合を決めきれずに、あろうことか負けてしまうこんな試合を見せられると、結局のところ「点取り屋を補強しないままACLに臨んだのは甘かったのではないか?」という「おじいさん、それは言わない約束でしょ?」っぽい愚痴をこぼしがちに。

・前半のうちに試合を決められなかったのも悔やまれますが、この日の主審の癖に対応できずに自陣でファウルを重ねてしまったのも残念。主審は接触プレーでいとも簡単にファウルを取る点で良くも悪くも一貫しており、下手なことは下手なんですが、基準がバラバラだった新潟戦の家本よりは遥かにマシという印象。再三再四ファウルを取られた槙野が随分いらだっていましたが、いい加減慣れないとなぁ・・・

・FKのこぼれ玉を叩き込まれた1失点目はともかく、坪井がイ・ドングに全く力及ばず易々とヘディングシュートを許した2失点目は全北の狙い通りだったかと。イ・ドングもベテランになってしまいましたが、こういうパワー系のFWは浦和にはおらんですなぁ・・・

・3失点目は浦和左サイドからのクロスを予測して前に出た加藤の裏をかいて、アウトサイドキックで直接叩き込まれた格好。こういう技術を持っている外国人選手を抱えているのも全北の強み。

・後半の浦和は立ち上がりに関口→柏木のチャンスがあっただけで、その後はさっぱり。逆転した全北は引き気味に構えて中央を固めるような守備に変わってしまい、浦和は手も足も出ず。

・逆転されてから急遽興梠を投入したものの、マルシオががっちりマークされて縦パスを全く入れられず。浦和は両サイドに展開して攻撃を試みるも、全北に中央で簡単に弾き返されてジ・エンド。興梠は途中投入で活きるタイプではないのか、全く良いところなし。

・終盤になると全北のプレスは俄然鋭さを増し、浦和は玉際で負けまくったあげく、最終ラインで全北のプレスを交わすのが精一杯となり、効果的に前線へボールを繋げられずにそのまま試合終了。後半のヘタレ加減を見ると、来週のアウェーゲームは相当厳しいものになりそう。

20130403026

-----丸塩-----
--原口----柏木--
関口-阿部--啓太-平川
-槙野--那須--坪井-
-----加藤-----

得点:6分 原口

66分 坪井→興梠(阿部が右CB、柏木、マルシオが一列下がって興梠1トップ)
71分 関口→宇賀神
81分 原口→梅崎

|

« 【閉店】ちゃんこらーめん 時津洋@赤羽 | トップページ | 【展望】13年第5節磐田戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57100216

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】13年ACL GL第3戦:浦和 1-3 全北現代:

« 【閉店】ちゃんこらーめん 時津洋@赤羽 | トップページ | 【展望】13年第5節磐田戦 »