« 麺屋 KABOちゃん@駒込 | トップページ | 広島2013(4)~竹原散策(上) »

2013.04.21

【TV観戦記】13年第7節:大宮 1-0 浦和

・結果的には那須が負傷してピッチ外に出ているドサクサ紛れに奪われた1点が決勝点になってしまったので少々後味の悪い感は否めません。ただ、浦和は90分を通じてチャンスらしいチャンスがなかった一方、大宮はセットプレーからのシュートがバーやポストを叩く場面がありましたから、どこからどう見ても大宮の完勝。浦和は原口の負傷退場が響き、これといった見せ場を作れないまま、またしてもダービーで敗れてしまいました。

・大宮は守備時には5-3-2みたいな格好でしたがブロックを作って守るのではなく、むしろマンマーク徹底。かつ浦和がボールを下げると積極的にDFラインを押上げて浦和の最終ラインに圧力をかけてきました。この試合悔やまれるのがこの大宮の守備に対して無為無策というか、やや消極的と見られても仕方がないプレーに終始してしまったこと。前半の浦和はまともにビルドアップができず、時折宇賀神に展開して大宮右SBと1対1を仕掛けるのが精一杯。

・この試合を大きく左右したのは原口の負傷退場。GK北野と交錯しての負傷でしたが、マンマークで来る相手に1対1を仕掛けて一発でぶち抜ける可能性が最も高い原口がいなくなり、それによって大宮攻略は一層難しいものになってしまいました。原口に代わってマルシオが投入されましたが、マルシオは自分で仕掛けてどうこうするタイプではなく、むしろ他者から使われるタイプなので大宮の堅守をぶち破れず。

・悪いことは続くもので、前半終了間際に那須が負傷してピッチ外へ出ている隙を突かれて失点。那須はバックスタンド側に出てしまったので、出血が止まっていることを主審が確認できるまでビッチに入れず、ゲームが途切れずに進んでいる間に先制点を許してしまいました。

・先制された浦和はやや前がかりに。かつボール回しのテンポもよくなって徐々に大宮のマークがずれはじめ、前へ前へとボールを運べるようになりましたが、エリア前中央を固める大宮最終ラインを崩しきれず、ボールを支配する割には依然チャンスらしいチャンスを作れず。興梠がなんとかDFラインの裏に飛び出そうと奮闘しているが、大宮の最終ラインがよく統率されていて全部オフサイド。

・ミシャが後半攻撃の基点になっていた梅崎を代えたのがこの試合最大の謎。代えるなら後半完全に消えていた宇賀神じゃなのかなぁ・・・しかも梅崎に代わって入った関口はほとんど機能せず。この交代でサイド攻撃はたまに槙野が左サイドを抉るだけになってしまい、しかもそれも大宮にエリア内中央で全部弾き返されてしまいました。

・ミシャの最後の一手は宇賀神→阪野という驚きべきものでしたが、阪野に何を期待しているのか全く判らないまま。これじゃ当然チャンスになりようがなく、そのまま試合終了。

・どちらもチャンスが少ない試合でしたが、少ないチャンスをきっちり決めた大宮の完勝。浦和は大宮が2トップにボールを入れてくるところをきっちり潰して大宮のカウンターをよく防ぎ、追加点こそ許しませんでしたが、如何せん点が入る感じが全くせず、先制点を奪った大宮が楽々逃げ切った印象。

・浦和を徹底的に研究してきた大宮に対し、浦和は普段どおりのサッカーで挑んで手も足も出なかったといって差し支えない試合内容で、ちょっとダメージが残る敗戦でした。

-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-啓太-梅崎
-槙野--那須--森脇-
-----加藤-----

27分 原口→マルシオ
69分 梅崎→関口
84分 宇賀神→阪野

---ズラタン--ノヴァ--
富山--------渡邉
---金澤--青木---
下平-片岡--菊地-今井
-----北野-----

得点:45+2分 ズラタン

82分 富山→渡部
85分 渡邉→村上
86分 ズラタン→長谷川

|

« 麺屋 KABOちゃん@駒込 | トップページ | 広島2013(4)~竹原散策(上) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57212315

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】13年第7節:大宮 1-0 浦和:

« 麺屋 KABOちゃん@駒込 | トップページ | 広島2013(4)~竹原散策(上) »