« 武蔵家 池袋店 | トップページ | 笑堂@本川越 »

2013.04.25

【TV短感】13年ACL 第5節:浦和 3-2 広州恒大

・前半はボールを支配する時間こそ長いものの、チャンスらしいチャンスは掴めず。唯一のビッグチャンス=マルシオが得たPKを阿部が失敗し、さらにこともあろうに攻撃参加していた森脇のボールロストからカウンターを食らって失点。ここまでアウェーゲームの試合展開の再現に他ならず、前半を見る限り浦和の勝ち目は限りなく乏しいように思いました。

・ところが、先制されて浦和がふっきれたのか、あるいはなぜかリッピが繰り出した選手交代がよくなかったのかは判りませんが、後半開始直後から浦和は那須と啓太を後方に残して総員突撃の攻めだるま状態。これを広州が防ぎきれずというか、後ろに人数は割いているのだが、肝心な人を掴まえていないというなんだかなぁ状態に陥ってしまい、浦和が立て続けに2点を奪って逆転。

・1点目の平川→興梠は前半からの唯一の攻め手だったサイド攻撃がようやく嵌った格好。久しぶりにスタメン出場の平川は前半試合勘が鈍ったせいかミスが多かったように思いましたが、1点目に繋がったクロスは昨年好調時のもの。その後も興梠へ惜しいクロスあり。これなら梅崎の故障をきっちり埋めてくれそう。

・圧巻だったのは2点目。阿部→槙野→阿部なんて後ろ目の選手だけで点を取るなんて浦和は相当ふっきれないとできんでしょう。引いた相手にこのパターンが炸裂し始めると浦和の破壊力も一段とアップすること請け合い。

・さらにカウンターで広州DFを振り切ってエリア内に突入した興梠がPKを獲得。今後はマルシオが決めて3点目。

・広州はコンディションが良くないのか早くも棒立ちに。激昂したリッピがペットボトルを蹴り出して退席処分になる一幕もあり、この勢いならアウェーゲームで失った3点のビハインドをひっくり返すのも不可能ではないと思ったのですが、浦和も連戦の疲れか、3点目を奪った後は急激に失速してボールを前に運べなくなり、攻守の切り替え、押し上げも遅くなって、必死に最前線でボールをキープする興梠が孤立。

・終盤は副審がオフサイドの判定で取り消しになったはずのムリキのゴールを随分時が経ってから主審が判定を覆して認めてしまったり、暢久への目に余るラフプレーで相手が一発レッドになったはずなのに、なぜか暢久にもイエローが出たりと、訳のわからない主審劇場になってしまい、埼スタの試合だろうとACLはACLであることを実感。

・これでアウェー全北戦のようにロスタイムで同点に追いつかれでもしようものなら埼スタは大荒れに荒れたでしょうが、程なく試合終了。

・この試合で文句なく良かったのはマルシオ。柏木共々やや引き気味の位置でボールを受けることが多かったマルシオですが、そこから簡単にサイドへ叩くだけではなく、自らボールを持って前へ進むことも多々。またエリア内への飛び出しを見せることもあり、その一つが前半のPK奪取に繋がりました。原口の故障で次節清水戦はマルシオがスタメンに入る可能性が高いと思いますが、マルシオの復調は好材料。

・一方心配なのは加藤。ロングキックのみならず、短めのキックでも直接タッチラインを割ってしまう場面が目立つだけでなく、本来チームを落ち着かせないといけない立場なのに自分が一番慌てているようにしか見えないのは困ったもの。スローイングに迷って枠外飛び出し=ハンドを取られたのがその象徴。GKの交代がぼちぼち視野に入ってきたような・・・

・この日は体調不良で雨中の観戦を断念しましたが、後悔することしきり(´・ω・`) ショボーン     観客数は2万を切ってしまいましたが、それを全く感じさせない熱気がテレビから伝わってきました。

|

« 武蔵家 池袋店 | トップページ | 笑堂@本川越 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57243012

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】13年ACL 第5節:浦和 3-2 広州恒大:

« 武蔵家 池袋店 | トップページ | 笑堂@本川越 »