« 【閉店】EBISOBAT TOKYO @池袋 | トップページ | ちゃんぽん亭総本家 駅前本店@彦根 »

2013.06.29

【展望】13年ナビスコ杯準々決勝第2戦C大阪戦

・ナビスコ杯準々決勝、アウェーでの第1戦は完封勝ち。しかもアウェーで2ゴールを上げてはの勝利で、浦和はかなり有利な立場でホームの第2戦を迎えることができました。

・第1戦ではっきりしたのは、ミシャはナビスコ杯をテストの場として使うつもりは全くないこと。特段ゲーム間隔が詰まっているわけではないためか、失態を犯して遠征メンバーから外された原口に代えてマルシオを入れた以外はリーグ戦の「いつもの」面子で試合に臨んで来ました。

・リーグ戦では原口抜きで闘った大宮戦・清水戦で攻め手不足を露呈してしまいましたが、小樽キャンプが功を奏したのか、原口に代わって興梠が盛んにフィニッシュに絡むようになっていきなり2得点。それ以外にもチャンスは数多く作っており、浦和の攻撃のバリエーションがさらに多彩になった印象を受けました。

・一方CB陣の攻撃参加は限定的。蒸し暑いためあえて激しい上下動をセーブしたのか、あるいは早い時間帯に点が入ったので自重気味になったのかは判りませんが、浦和にしては珍しくやや前後分断的だった印象も。これはこれで確実に勝ち点を稼いで行く為に必要な方便だと思います。

・第2戦の見どころは原口の復帰があるかどうかだけ。興梠が軽い肉離れで出場が微妙とも伝えられていますが、それはそれで1トップに阪野を起用する絶好機。

・ただミシャが第1戦でもあまりテスト的な起用をしなかったところを見ると、1トップにマルシオを据える可能性が高そう。その場合は今年一杯阪野はほぼノーチャンスになってしまいます。

・3点取らないと勝ち抜けないセレッソは超前がかりで来るのでしょうが、それはカウンター得意の浦和にはありがたい展開。

|

« 【閉店】EBISOBAT TOKYO @池袋 | トップページ | ちゃんぽん亭総本家 駅前本店@彦根 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57663786

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】13年ナビスコ杯準々決勝第2戦C大阪戦:

« 【閉店】EBISOBAT TOKYO @池袋 | トップページ | ちゃんぽん亭総本家 駅前本店@彦根 »