« 【展望】13年ナビスコ杯準々決勝第2戦C大阪戦 | トップページ | 雷家@八丁畷 »

2013.06.29

ちゃんぽん亭総本家 駅前本店@彦根

0000

 独自のちゃんぽんを滋賀県を中心に店舗展開している「ちゃんぽん亭」を訪れてみました。往訪したのは彦根駅前の店。もともと「をかべ」という彦根ちゃんぽんの老舗店があったところで、店先にはその名残も。

 メニューはちゃんぽん一色というわけではなく「中華そば」もありましたが、「近江ちゃんぽん(680円)」を注文。

0004

 店内は全部テーブル席で、4人掛けテーブルが10数卓。内装共々「おかべ」時代とほとんど変わっていませんでした。

0005

 途中で酢を入れるのを推奨。

0007

 スープはカツオ・昆布出汁ベース。表面にそこそこ脂が浮いていますが脂っぽさはほとんど感じず、動物系出汁がないせいか、いたってあっさり。野菜から来ると思われる甘みが強く、なんだか鍋物の出汁みたいな感じがします。味わいはあっさりしていますが塩分は高そうなのでスープはほとんど残しました。

0010

 麺は普通のちゃんぽんよりも若干細めで、らーめん基準だとやや太めといった感。またやや柔らか目でもちもちとした食感で、これも一般のちゃんぽんとは全く違っています。スープに合わせるとこんなもんかなとは思いますが、ちょっと安っぽい気も。

 具は豚肉とキャベツ、きくらげ、もやしなど。練り物や魚介類がないものの、見た目は普通のちゃんぽんと変わりありませんが、炒めものではなく煮込み仕上げなので、ますます鍋物にちゃんぽんの麺をつっこんだような気がします。

 量はそこそこありますが、あっさり味なのであっという間に完食。酢を入れるのをすっかり失念。

|

« 【展望】13年ナビスコ杯準々決勝第2戦C大阪戦 | トップページ | 雷家@八丁畷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57281716

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんぽん亭総本家 駅前本店@彦根:

« 【展望】13年ナビスコ杯準々決勝第2戦C大阪戦 | トップページ | 雷家@八丁畷 »