« 【メモ】ナ杯:C大阪 0-2 浦和 | トップページ | 【閉店】麺 Dining 38@湯島 »

2013.06.24

びぎ屋@学芸大学

0007

 東横線学芸大学駅東口の商店街を直進。やや太い道路を交わる三叉路の手前。祝日夜に往訪。先客8、後客3。

 店内の券売機で「醤油らーめん(700円)」を注文。他に「白醤油らーめん」「醤油つけめん」「煮干し醤油らーめん」など。

 店内はL字型カウンター7席と、店奥に2人掛けテーブル1卓。水セルフ。カウンターの角に給水器を置いてありますが、店内はやや手狭なのでちょっとうっとおしいかも。

0003

 かなり深めの丼で登場。

0002_2

 店内のウンチク書きによればスープは鶏がら、丸鶏、トンコツ、煮干し、アジ干し、宗田鰹節、サバ節、本節を使用しているとのこと。やや節系が強めに出ているような気がしましたが、総じて動物系と魚介系のバランスが取れていて、コクがあって、しつこさもなくて気にいりました。かえしも終盤若干しょっぱいかなと感じる程度でしたし。

0004_2

 麺は並太ストレートで、堅いわけではないのに歯ごたえが抜群。つるつるした食感共々、これもお気に入り。

 チャーシューは豚バラと肩ロースが一枚ずつ。これもしょっぱくない程度に煮込まれていてなかなかの出来。

 他にメンマ、海苔、刻みネギ。

 久しぶりにケチのつけようがない逸品に出会いました。

|

« 【メモ】ナ杯:C大阪 0-2 浦和 | トップページ | 【閉店】麺 Dining 38@湯島 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57306230

この記事へのトラックバック一覧です: びぎ屋@学芸大学:

« 【メモ】ナ杯:C大阪 0-2 浦和 | トップページ | 【閉店】麺 Dining 38@湯島 »