« えんや@王子(2) | トップページ | 【観戦記】13年第17節:浦和 2-3 横浜M »

2013.07.17

【展望】13年第17節横浜M戦

・酷暑下の4連戦で迎える最後の相手は横浜M(以下「鞠」)。アウェーでは勝てるが、なぜかホームでは長らく勝てていない嫌な相手です。

・今年の鞠は開幕6連勝とこれ以上ないスタートを切りましたが、第7節新潟戦に破れて以降勝ちきれずにドローで終わってしまう試合が増えてじりじりと順位を下げています。両外国人をはじめ、かなり平均年齢の高いチームなので夏には順位を落とすだろうと予想されていましたが、予想以上に凋落が早かったようで。

・勝てなくなった原因はひとえに得点力不足。新潟戦以降、リーグ戦で2点以上取った試合はわずか1試合。もともと得点力に乏しく、セットプレーでもぎ取った得点を伝統的に堅い守備で守り抜くという、実につまらないサッカーが身上の鞠。それが何の拍子か序盤だけ攻撃陣が大爆発していましたがそれがもとに戻り、その一方で失点が目立ち始めたようです。

・戦力はほぼ昨年と同じで、新加入の選手で戦力になっているのは藤田と端戸が途中から出てくるくらい。その一方で小野を売却した他、大黒、谷口、金井と昨年そこそこ試合に出ていた面子を放出したので選手層が薄くなり、へろへろのベテラン選手を休ませようにも休ませられないようにも窺えます。

・ただその割には前節大宮戦で「鞠は動けない」という話は聞こえず。それどころかカモメッシこと齋藤が切れ味抜群の単騎ドリブルで、堅守を誇る大宮守備陣を切り裂く始末。

・一方の浦和。こちらはそれなりに選手層が厚くなったように見受けられるにも関わらず、怪我人発生時を除けばスタメン固定で戦った結果、ついに疲労性全身骨折で大敗北。ここまでコテンパンに負ければ、ミシャもそれなりに考えるでしょう。もし鞠戦も無為無策で臨み、しかも大敗北を喫するようだと今季もACL圏入りが精一杯でしょうな。戦い方自体は絶対に代えないミシャが鞠戦で何をやってくるかが楽しみ。

------------------------------

<前節:横浜 2-0 大宮>

-----丸木-----
齋藤---中村---兵藤
---富澤--中町---
ドゥドラ-中澤--栗原-小林
-----榎本-----

得点:22分 マルキーニョス、36分 齋藤

65分:小林→奈良輪
84分:中町→熊谷
90分:中村→藤田

|

« えんや@王子(2) | トップページ | 【観戦記】13年第17節:浦和 2-3 横浜M »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57804988

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】13年第17節横浜M戦:

« えんや@王子(2) | トップページ | 【観戦記】13年第17節:浦和 2-3 横浜M »