« 【閉店】麺屋 鶴若@三ノ輪 | トップページ | スタジアムの風景 »

2013.08.04

【観戦記】13年第19節:浦和 3-1 広島

・首位広島相手に完勝。浦和vs広島は元祖と本家の争いみたいなもんで、しかもどちらが元祖でどちらが本家なのか良く判らないのですが、これで浦和は広島相手にリーグ戦3連勝。ミシャ改はオリジナルミシャにまるで歯が立たない。これで否がおうにも広島は浦和に苦手意識を持ったでしょうなぁ・・・ 

・ATに入ってからの失点は余分でしたが、完膚なきまでに広島を叩きのめして勝ち点2差。実に痛快な勝利でした。

20130803015

・このところ常に相手に先制を許し続けている浦和ですが、この日は久しぶりに浦和が早々と先制。立ち上がりは広島が引いて浦和にボールを持たせてカウンターを狙うような試合展開でしたが、柏木FK→興梠ヘッドで浦和が早々と先制。興梠のヘッドは決まるほうが珍しい気がしたほど難易度の高いものでしたが、広島も不用意といえば不用意。広島のセットプレーの守備に難があるのはACLで良く見た光景。

・先制点を得たことで浦和は一気に楽な立場に。広島にボールを持たせて、無理やり高萩や石原にボールを入れてくるところでボールを奪って、その後は手数をかけずに縦ポンで広島最終ラインの裏を狙うパターンが何度も見られました。

・また遅攻を強いられた場合も、焦らずにボールを後方でゆっくり回し、広島が前に出てこざるを得ないように仕向けてから一気に逆襲。浦和の2点目は柏木・興梠・原口の3人の連携で奪ったようなもので、リスクを最小限に抑えながらの素晴らしい得点でした。

・浦和はミキッチ対策が完璧に奏功。前節良いところなく途中交代を命ぜられた宇賀神でしたが、ミキッチ相手に守備重視で奮戦し、ミキッチの完封に成功。ミキッチの後方にいる塩谷が攻撃時に何の役にも立たないので、宇賀神はミキッチにだけ集中していれば良く、気分的に楽だったでしょうなぁ・・・宇賀神はタスクを限定してやればそれなりの仕事をすることを再確認。でもミシャのサッカーのWBは本来マルチタスクやからな。

・前半の広島にも一度だけ決定機あり。山岸に浦和右サイドを深々と破られ、折り返しが高萩に渡った時に失点を覚悟しましたが、高萩のシュートは力なくGK加藤の正面。しかもその過程で山岸が負傷退場。

・2点先取された広島は後半頭から大攻勢。対する浦和は専守防衛で、安全第一とばかり簡単にボールを外に蹴り出してしまうなど、ミシャの薫陶を受けた浦和らしくないプレーを連発。ミシャが徹底的に勝ちに拘り、無理をせず、相手の消耗を待つ作戦だったのかもしれません。

・一頻り広島の攻勢を凌ぎきった後、浦和は後半最初の反撃でいきなり決定的な3点目を奪取。暑い中、しんどい中、長距離を走って高精度のクロスを送る平川も見事なら、まるで寿人が乗り移ったかのように足先でちょこんと合わせた興梠も見事。

・これで事実上試合は終了。ミシャは故障から戻ったばかりで90分使えるかどうか怪しい啓太を早々とひっこめ、さらに疲労著しい興梠に代えて阪野をテスト起用。

・久しぶりに長い出場時間が与えられた阪野でしたが、残念ながらチャンスを生かせず。前がかり、かつ散々走らされてへろへろの広島相手に浦和は何度かカウンターのチャンスを掴みましたが、なんとなく阪野に点を取らせようとする意識が見え隠れしている中で悉くチャンスを潰してしまい、結局ただでさえ疲労困憊の原口を一段と疲れさせるだけに。

・とはいえ、ミキッチを完璧に封じられ、高萩や石原もほとんど機能しない広島は清水を軸にクロスを試みるだけの単調な攻撃に終始。森崎→寿人のビックチャンスも加藤の好セーブに封じられて、浦和の完封勝ちは確実だったはずですが、試合終了間際にCKで失点。

・この日オーロラビジョンが両面とも落ちてしまう珍事があり、無失点なのに文化シャッター様の「シャットアウト」が表示できないとなると契約上どうなるのか案じていたのですが、悪い意味で杞憂に。

20130803014

-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-啓太-平川
-槙野--那須--森脇-
-----加藤-----

得点:5分 興梠、28分 原口、55分 興梠

63分 啓太→暢久
69分 興梠→阪野
85分 原口→マルシオ

・故障が癒えてなんとか練習にフル復帰したばかりの啓太がいきなりスタメン出場。相当リスクのある賭けだったかもしれませんが、啓太復帰の効果は絶大で浦和のビルドアップ、そしてカウンターを受けそうになった際のリスクマネジメントが劇的に改善。

・暢久は別格としても、平川も頑張っているだけに啓太もまだまだやれるとは思いますが、啓太や阿部の後継が追々浦和の課題になるんでしょうなぁ・・・

・2得点1アシストの興梠以上に、この日は柏木が大活躍。しんどい時に走れる選手、頑張れる選手は実に貴重。走るストーブさんに拍手。決定機を決められなかっただけでなく、全く良いところがなかった高萩との差は歴然でした。

20130803009

-----佐藤-----
--高萩----石原--
山岸-和幸--青山-ミキッチ
-水本--千葉--塩谷-
-----西川-----

得点: 90+3分 水本

32分 山岸→清水
68分 千葉→ファン ソッコ
87分 ミキッチ→パク ヒョンジン

|

« 【閉店】麺屋 鶴若@三ノ輪 | トップページ | スタジアムの風景 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/57921873

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】13年第19節:浦和 3-1 広島:

« 【閉店】麺屋 鶴若@三ノ輪 | トップページ | スタジアムの風景 »