« 桂花ラーメン 本店@熊本・市役所前 | トップページ | らーめん 五ノ神製作所@大久保 »

2013.09.12

【TV短感】天皇杯2回戦:浦和 2-1 栃木ウ

・レギュラーメンバーを悉く休ませながら、何かと難しい天皇杯初戦をきっちり勝つという大目標は達成できました。

・しかし、普段出場機会のない選手に活躍の場を与え、選手層に厚みを持たせるという副次的な目標の達成にはほど遠い結果に終わってしまいました。残念ながらミシャの順序づけはそんなに間違ってはいないことを再確認したような試合内容でした。悪しざまにいえば、この試合が思い出づくりになってしまう選手も散見されました。

・試合内容はまさに竜頭蛇尾。敵陣でボールを奪ってからのカウンター - 梅崎→小島の先制点は見事でしたが、それ以降浦和の攻撃は尻すぼみに。一人別格の出来を見せていたマルシオが前半だけでお役御免になると形勢は互角になってしまう有様で、後半は逆にカウンターを食らって失点。

・前半終了間際にマルシオが得たPKによる追加点がものを言って勝つには勝ちましたが、内容ははなはだお粗末。セットプレーで冷や汗をかく場面が何度もあった上、ビルドアップの精度といい、サイドからのクロス精度といい、問題山積。

・たいしてプレスをかけてこず、しかも自陣に引いてがちがちに守ってくるわけでもない相手にたいして決定機を作れなかったのは問題でしょう。

・珍しくキャプテンマークを巻いた梅崎はシャドーのポジションではマルシオより格段に落ち、しかも切り札としては相手DFライン裏にひょいと飛び出すのが上手い矢島のほうが他の選手と特徴が被らない分上かも。

・阪野は試合開始早々のどフリーのヘッドを枠にすら飛ばせなかったのがケチのつけはじめ。その後もなんどか得点機をお膳立てしてもらいながら枠内シュートはゼロじゃないのかな? 点が取れなくてもDFライン裏に抜けてボールを引き出すとか、ポストプレーで頑張るとか、1トップとしてやるべきことは山のようにあるはずだが、正直消えていた時間のほうが長いくらいで、このままだとサカツァやで・・・(つД`)

・関口は前半サイドチェンジのボールを受けて何度も見せ場をもらいましたが、これまた何もできず。坪井と全く連動しないのは致し方ないとはいえ、相手をドリブルで交すのが精一杯で、このレベル相手にその後の展開に困ってしまうようでは・・・

・中盤から後ろの選手は悉くビルドアップの精度に難があり、カウンターが得意な相手なら致命傷になりかねないミスが続出。栃木ウーヴァは細かく繋いでくるチームだったので事なきを得ましたが、それでも後半ついにカウンターを食らって失点。3回戦も控えメンバー主体で臨まざるをえないと思いますが、この試合の出来ではJ2相手には厳しいでしょう。

|

« 桂花ラーメン 本店@熊本・市役所前 | トップページ | らーめん 五ノ神製作所@大久保 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58176675

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】天皇杯2回戦:浦和 2-1 栃木ウ:

« 桂花ラーメン 本店@熊本・市役所前 | トップページ | らーめん 五ノ神製作所@大久保 »