« 俺の空 新宿店@新宿 | トップページ | 竜@上野 »

2013.09.29

【TV観戦記】13年第27節:湘南 2-2 浦和

・湘南は目先の勝ち点に拘らず、自らのスタイルを堅持して積極的に前に出てきました。徹底して自陣に引き篭もった甲府とはあまりにも対照的で、。本来浦和にとってやりやすい相手のはず。

・しかもセットプレーで早い時間帯に先制点を奪うという、浦和にとって絶好の試合展開になりながらも、後半は前節同様大失速してしまい、終わってみれば引き分けに追いつくのがやっと。前節甲府戦のように相手の堅守の前に手も足も出なかった試合ではなく、何度かあったカウンターのチャンスをものにしていれば楽勝だったと思いますが、そのチャンスを自滅のような格好で潰しに潰して試合の流れを悪くしてしまいました。

・湘南は積極的に前からボールを奪いに行ってのショートカウンター狙い。浦和は興梠へのマークが厳しいためか、序盤は宇賀神へのロングパス一本での打開が目立ちましたが、セットプレーでの先制後は左右のバランスがかなり良くなってきました。啓太の左への展開→宇賀神→原口と綺麗に繋がって追加点かと思いましたが、なぜかオフサイドの判定で得点ならず。

・湘南は人数をかけて積極的に攻めに出てきますが、結局のところ浦和の最終ラインに引っかかってしまいがち。特に大竹にボールを入れてきたところで徹底的に潰されていました。

・浦和は自陣深い位置でボールを奪ってから、中盤スカスカの湘南に対して縦パス一本でカウンターのチャンスを何度か掴むものの、原口のドリブルに切れがなくて自滅する場面が続出。興梠もいったんDFの裏を取りながら振り切れず。前半のカウンターのチャンスでシュートで終わったのは柏木自らミドルシュートを放った場面だけかも。そして決定機に至らないながらも縦に速い攻めで攻撃の形を何度か作ったのが、結果的に後半の大失速の誘因になったのかもしれません。

・先制された湘南は後半宇佐美と亀川の位置を入れ替え、さらに右WBを古林に代えて一段と攻勢に。前半飛ばしに飛ばした湘南の足が止まるのも時間の問題と思っていたのですが、先に足が止まり出したのは浦和で、こぼれ玉を拾われまくって湘南の波状攻撃を浴びる羽目に。

・なんとかボールを奪ってもゆっくりボールを回して相手を疲れさせると同時に、試合を落ち着かせることができず、それどころか雑な縦パスを試みては簡単にボールを奪い返される場面が目立ちました。浦和の反撃をハン・グギョンが悉く止めていたような気も。

・相手に決定機こそ与えていないものの最終ラインが下がって防戦一方の浦和。阿部が傷んだので暢久を一列上げて永田を入れるのかと思ったところ、永田に代わって交代させられたのはなんと暢久。前節はパトリックに苦戦して前半だけでお役御免になってしまいましたが、この試合は特段悪いところはなく、交代の趣旨は皆目わからず。

・そして運が悪いというかなんというか、永田投入直後にFKからの流れで森脇がPKを与えてしまって湘南同点。

・こうなると試合の流れは一気に湘南へ。永田と同時に梅崎が投入されましたが、戦況はなんら好転しないどころか、梅崎は古林にあっさり交わされてクロスを許す始末。そしてクロスに飛び込んだCB遠藤が逆転ゴール。湘南は前半から何度か可能性のあるクロス攻撃を見せていましたが、それが見事に実った格好。

・尻に火がついたどころが、尻が大炎上した浦和は残り10分になってやにわに大攻勢。これまでの30分強はなんだったのかと思えるほど必死にボールを追い、攻めに人数をかけ、それでいて焦ることなくボールを繋いで湘南ゴールに迫りました。

・大竹の退場にも助けられ、AT突入寸前に関口→興梠→柏木と見事に繋がってなんとか同点に追いつきはしましたが反撃もそこまで。

・先制点を得て、大事に勝ちきろうという気持ちが却って試合運びを難しくさせているのかどうか判りかねますが、守れないチームが守りに入って2試合連続の失態。攻撃の切り札であると同時に、ボールが持てて試合を落ち着かせられるマルシオ不在が予想以上に響いているのかも。

-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-啓太-平川
-槙野--暢久--森脇-
-----山岸-----

得点: 18分 槙野、90分 柏木

73分 暢久→永田
73分 宇賀神→梅崎
78分 平川→関口

・那須がイエロー累積で出場停止でしたが、前節途中出場だった啓太がスタメンに戻って一安心。攻撃時のフォーメーションも甲府戦でさっぱりだった5-0-5を止めて、4-1-5に戻し、前半はそれなりに機能していたのですが・・・

・リベロには前節に続いて暢久が入り、前半はロングフィードの供給源として、そして後半も無難にプレーしているように見えただけに永田投入は不可解。

・GKも前節に続いて山岸。湘南は後半優勢だったとはいえ決定機は少なく、山岸の見せ場はPKに対してコースを読みきりながらも止められなかった場面くらい。逆に湘南のように前からプレッシャーを掛けてくるチームに対してはショートパスを上手く使えない山岸の弱点が顕わになったような。

-----ウェリントン----
--武富----大竹--
高山-ハン-永木-宇佐美
-亀川--大野--遠藤-
-----安藤-----

得点:75分 ウェリントン(PK)、81分 遠藤

63分 亀川→古林
71分 武富→ステボ
90+4分 ステボ→菊池

|

« 俺の空 新宿店@新宿 | トップページ | 竜@上野 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58282581

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】13年第27節:湘南 2-2 浦和:

« 俺の空 新宿店@新宿 | トップページ | 竜@上野 »