« 紬麦@秋葉原(3) | トップページ | 【閉店】凪 ヌードルバー@新宿 (2) »

2013.09.07

【TV短感】13年ナ杯準決勝1stLeg:川崎 3-2 浦和

(スタメン)

代表招集で槙野を欠き、さらにマルシオ・啓太が小破で、ミシャは「強制ターンオーバー」状態に陥って暢久・坪井をスタメン起用。さらにGKに山岸を起用。一方川崎は故障離脱していたはずのレナトが復帰してフルメンバー。左WBに小宮山ではなく登里を起用したのが目に付いたくらい。

(前半)

浦和は事前の練習では4-1-4-1を試行したとの噂もあったが、結局いつも通り3-4-2-1。川崎は3-4-1-2。

共にリスクを犯さない慎重な立ち上がり。川崎は前からはほとんど追ってこず、自陣に引いて深い位置でボールを奪ってから前3人に託す「クラシカル川崎」スタイル。浦和は早い時間帯にボールを支配し始めるものの無理には攻めず。

とはいえ、柏木が引いた際の川崎の対応が緩慢で、次第に浦和ペースに。宇賀神→興梠のシュートはGKに阻まれたものの、前半終了間際に原口→宇賀神→興梠でDFラインの裏を取り、興梠が先制ゴール。

川崎は全く何もできず。

(後半)

立ち上がり早々、CKのこぼれ玉を平川がどフリーでシュート。興梠がGKの前でちょこんと角度を変えて浦和2点目。

その後は川崎にスペースを与えず、引いて守ってカウンターをちらつかせれば楽勝と思ったが、暢久が負傷退場した辺りから雲行きが怪しげに。

レナトに2回右サイドから鋭いクロスを上げられ、ついには大久保に左サイド深く抉られたのを機にレナトにゴールを奪われたのは致し方ないとしても、その後もさらに坪井が足を攣って退場。

ここでミシャは那須をCBに、柏木をボランチに下げて対応したが、これはリーグ戦で大敗した「禁じ手」。中盤に穴が開いて大久保にミドルシュートを許して同点。さらにスルーパスを通されて逆転・

浦和もカウンターのチャンスがなくはなかったのだが、原口のシュートはバーの上。

前半は完璧な試合運びで間違いなく勝てる試合だっただけに、CBに負傷退場が相次いだのが不運といえば不運だが、ゲームを壊して逃げ切るとか、泥試合に持ち込んで逃げ切るとか、そういうのが苦手やな・・・・(´・ω・`)ショボーン、。

|

« 紬麦@秋葉原(3) | トップページ | 【閉店】凪 ヌードルバー@新宿 (2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58146992

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】13年ナ杯準決勝1stLeg:川崎 3-2 浦和:

« 紬麦@秋葉原(3) | トップページ | 【閉店】凪 ヌードルバー@新宿 (2) »