« 【観戦記】13年第28節:浦和 4-0 大宮 | トップページ | HOT JAJA@盛岡 »

2013.10.06

【メモ】浦和 3-2 吉備

(前半)

中盤戦で優勢な浦和が序盤からゲームを支配。

ドン引きの吉備をどう崩すかが課題だったが、藤田→柴田→後藤で浦和早々と先制。

さらにFKからのこぼれ玉を岸川がバイシクル気味に押し込んで2点目。

左サイドからのアバウトなクロスを後藤がキーパーともつれながら決めて三点目。

その後も浦和はミドルシュートが何度か枠内に飛ぶが加点ならず。手数をかけている間に相手の守備網ができてしまう。

後藤の相方に入った中村の出来が良く、前でボールを溜めてくれる。まだユースなのにやたら落ち着いているし。

吉備は浦和の中盤を突破できず、ほとんど攻撃の形を作れないが、バイタルエリアから無理矢理放ったシュートがバーに当たって決まってしまう。

浦和は押し込まれた時にドタバタするようで、キーパーのミスからバー直撃シュートを浴びる一幕も。

(後半)

相手を一方的に押し込む時間帯こそ長いものの、やはりドン引きで凌ぐ吉備を崩せず。

しかもあろうことか、かなり距離のある吉備FKがするすると浦和DF裏に抜けて、それを押し込まれて一点差。

さらに堂園がやらかした時にはどうなることかと思ったが、高畑がなんとかカバー。

疲労著しい中村に代えて安田を入れ4231にして、やや前の大渋滞は解消されたが、やはり決定機は作れず。

最後は5分以上鹿島ってホウホウの体でなんとか逃げ切り勝ち。

最終ラインの弱さというか、メンタル的にどうなの?という、なんか竜頭蛇尾な試合でした。

|

« 【観戦記】13年第28節:浦和 4-0 大宮 | トップページ | HOT JAJA@盛岡 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58332017

この記事へのトラックバック一覧です: 【メモ】浦和 3-2 吉備:

« 【観戦記】13年第28節:浦和 4-0 大宮 | トップページ | HOT JAJA@盛岡 »