« 【メモ】浦和L 2-1 新潟L | トップページ | 大山詣2013(上) »

2013.10.14

アドニス@吉原本町

0011

富士市で絶賛売出し中の「つけナポリタン」を試食してみました。東海道線吉原駅で下車して、岳南電車に乗るのも久しぶり。

0000

「つけナポリタン」とは、テレビ東京の番組「チャンピオンズ」と吉原商店街がタッグを組んで、ご当地グルメとして開発されたもの。

0001

定義は「スープは必ずトマトソースをベースに、鶏ガラや、コンソメ、ブイヨンなどお店独自のスープを活用したWスープが基本。麺とスープは別々につけ麺風!具材はお店のアイデアを活かしアレンジ自由!」といたってアバウト、っちゅーか、ほぼなんでもありっちゅーのがかなりアレですなぁ・・・。

0001_2

最初に往訪したのは「アドニス」。岳南電車・吉原本町駅前の通りを西へ進んで徒歩10分程度。

0005

純然たる喫茶店ですが、早速「つけナポリタン」を注文。950円ってつけ麺と比べると滅茶苦茶高くてびっくり!!! なお先客に3人湘南サポがいて、彼らもつけナポリタンを注文していました。

0002

表に「一度に6つしかできないので最大60分お待たせすることも」との注意書きがありましたが、大して客が入っていないのに20分以上待たされてようやく登場。紙エプロンと、なぜかアンケートを配布。

0008

待ち時間が長いのは生産ロット数の問題ではなく、単に麺の茹で時間がかかるだけみたい。麺は極太で柔らかめ、かつもっちりとした、パスタというよりは限りなくうどんに近い食感。底のほうに小さな桜えびを散らしてありましたが、食べ終わりそうになって気づいたので、全体の味わいに影響なし。

0010

つけ汁はトマトの酸味が卓越。鶏がらスープと合わせているそうですが、トマトとかチーズとか味の濃いものが前面に出ているので、鶏がら出汁は言われないと判らないかと・・・

0009

途中で麺にレモンを絞ると味わいが代わってこれも一興。

具にチンゲン菜、ゆで卵など。余ったつけ汁がもったいないなと思ったのですが、〆にご飯を入れるのが正解のようで。

まぁ見た目通りの味わいですなぁ・・・

|

« 【メモ】浦和L 2-1 新潟L | トップページ | 大山詣2013(上) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58007739

この記事へのトラックバック一覧です: アドニス@吉原本町:

« 【メモ】浦和L 2-1 新潟L | トップページ | 大山詣2013(上) »