« 桂花ラーメン 末広店@新宿3丁目 | トップページ | 近江2013(1):観音正寺 »

2013.11.10

【TV短感】13年第31節:仙台 3-3 浦和

・試合開始早々に失点。その後2度リードしながらも守りに入った選手交代が裏目に出て、ATに同点に追いつかれてしまいました。

・守ろうとしても守りきれないのが今の浦和の実力であることを今季嫌というほど思い知らされたはずなのに、またしても終盤守備的な選手交代を繰り返した挙句、逃げ切りに失敗。昼の試合で横浜Mが負けて、この試合勝てば首位に立てることで変に色気を出したのが良くなかったのか、また同じ轍を踏む浦和。

・開始早々に失点したことで、良い意味で吹っ切れたように見えた浦和。宇賀神→梅崎のゴールで早い時間帯に同点に追いつき、さらに柏木CK→興梠ゴールで逆転。

・後半も開始早々にセットプレーで失点したものの、これまた割りと早い時間帯に梅崎→興梠のゴールで再度突き放したものの、そこからの試合運びがいただけません。浦和の決定機は関口→梅崎ヘッドがGK正面だった1回だけで、あとは引いて防戦する時間帯が長く続きました。

・啓太が出場停止で、その代わりはなんと柏木。2列目に梅崎を起用したことで、どこからどう見てもミシャは攻めダルマ指向。早々と失点したことでこの攻めダルマが前半全開になり、左サイド中心に何度もチャンスメーク。仙台は興梠へのマークが甘い上に、両サイドが空きやすく、意外にも組みやすい相手だっただけに最後まで攻めて攻めて攻めまくっても良かったのではないかと・・・

・プレーぶりが終始消極的だった平川を関口に代えるのはまだしも、原口に代えて暢久に代えたあたりから浦和は失速。柏木を2列目に上げて攻守のバランスを取りにいったのでしょうが、残念ながら暢久は機能したとは言いがたく、逆に危険な位置でファウルを犯す始末。

・極め付きは梅崎を下げて坪井。なんだったんだろうなぁ、この交代。故障でもしたのか、前でボールが持てて攻守両面で使えるマルシオがいなかったのが響いたかなぁ・・・直輝はマルシオの代わりにはならんし。

・だいたい肉弾戦の強い仙台相手に引いて守ること自体どうかしていると思いますが、終盤は自陣深い位置でファウルを与えてピンチの連続。山岸の好守で何度か命拾いしましたが、ATに入ってついに失点。

・まぁ負けたわけではありませんし、首位横浜Mとの勝ち点差は1に縮まりましたからそんなに悲観すべき結果でもないのですが、今季同じ失敗を繰り返しているのはさすがに気になります。

-----興梠-----
--原口----梅崎--
宇賀神-阿部-柏木-平川
-槙野--那須--森脇-
-----山岸-----

6分 梅崎、31分 興梠、59分 興梠

60分 平川→関口
77分 原口→暢久
87分 梅崎→坪井

---ウィルソン-赤嶺---
梁---------太田
---角田--富田---
石川直-鎌田-渡辺-菅井
-----林------

得点:2分 ウイルソン、47分 赤嶺、90+2分 石川直

65分 太田→佐々木
76分 渡辺→柳沢
80分 赤嶺→武藤

|

« 桂花ラーメン 末広店@新宿3丁目 | トップページ | 近江2013(1):観音正寺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58551555

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV短感】13年第31節:仙台 3-3 浦和:

« 桂花ラーメン 末広店@新宿3丁目 | トップページ | 近江2013(1):観音正寺 »