« 【期間限定】久楽@池袋 | トップページ | 横浜散策2013秋 »

2013.11.03

【観戦記】13年ナビスコ杯決勝:浦和 0-1 柏

・柏は大谷と橋本が出場停止。さらに鈴木、キム・チャンス、山中が故障等で欠場。明るい材料といえばレアンドロ・ドミンゲスの復帰くらいなのに対し、浦和はサブも含めて完全無欠。

・情勢は圧倒的に浦和有利でしたが、柏はものの見事に浦和の攻撃をシャットアウトし、前半ATで得た1点を守り通して優勝。先週のリーグ戦では興梠と森脇を欠く浦和に苦杯を喫しながらもネルシーニョが「手応えを得た」と語っていたのは負け惜しみでもなんでもなかった様子。

0001

・柏のスタメンを見たときはてっきり4-2-2-2、ないし4-2-3-1の基本布陣に戻すのかと思ったのですが、蓋を開けてみるとどうみても3-4-2-1。いやほとんどの時間帯で柏は浦和に自陣深く押し込まれていたので5-4-1の格好。

・浦和対策として5-4-1を敷くチームは良くありますが、左WBのワグネルの守備は心もとないので、遅かれ早かれここが決壊するだろうと思っていたところ、予想に反してここが実に堅いのなんの。浦和の右サイド攻撃は前半完全に沈黙。後半になって多少手数が増えてきましたが、これといった有効打は繰り出せないまま。平川に代わって入った関口がスピードでワグネルをぶっちぎってくれるかと思いきや、ワグネル相手にCKを取るのが精一杯でまるで何もできず。

・レアンドロが積極的に守備に回るわけではないのですが、なんだかんだといってもボールを持たれると危険極まりないので、森脇はレドミが気になって思い切った攻撃参加ができなかったのかも。

0014

・また興梠は徹底的に近藤にマークされ、柏木も腰痛の影響が残るのか、これまた精彩を欠いて、浦和は良い形で縦パスを入れられず。

・従って浦和の攻撃は終始左サイド頼み。それでも原口・宇賀神・槙野のコンビネーションによる攻撃の威力は凄まじく、後半柏守備陣を崩壊寸前にまで追い込みましたが、残念ながら低いクロスが中央で誰にも合わずに逆サイドへ転々・・・ 原口→阿部のシュートがこの日唯一無二の決定機でしたが、シュートはバーの上。

・ネルシーニョが一枚イエローをもらっている谷口に代え、長期離脱から戻ったばかりの増嶋を投入すると浦和の左サイド攻撃もフェードアウト。セットプレーも前半那須に惜しい場面が1回あっただけで、あとはチャンスらしいチャンスなし。

0006

・マルシオ投入後は浦和の攻守のバランスが崩れ、柏にカウンターチャンスを何度も与えてしまいました。後半AT突入くらいにカウンターでようやく同点に追いついたかと思いましたが、興梠がオフサイドで得点ならず。

・失点は浦和にありがちなマヌケなもの。浦和左サイドにいる時間帯が長かった工藤が突如浦和エリア内に侵入。浦和は工藤へのマークが完全にずれてしまい、浦和左サイドからのクロスをいとも簡単に工藤に決められてしまいました。この失点まで浦和の積極的に前からボールを奪いに行く守備は完璧に機能しており、さらにクレオへのロングボール攻撃も完全に封殺していたのですが、肝心なところで浦和は守備難を露呈。そしてその綻びを見逃さなかった柏も見事でした。

0021

-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-啓太-平川
-槙野--那須--森脇-
-----山岸-----

69分:平川→関口
77分:啓太→マルシオ

0017

-----クレオ-----
--レドミ----工藤--
ワグネル-茨田-栗澤-藤田
-渡部--近藤--谷口-
-----菅野-----

得点:45+2分 工藤

HT:藤田→太田
76分:谷口→増嶋

|

« 【期間限定】久楽@池袋 | トップページ | 横浜散策2013秋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58503982

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】13年ナビスコ杯決勝:浦和 0-1 柏:

« 【期間限定】久楽@池袋 | トップページ | 横浜散策2013秋 »