« 京都2013秋(5):天龍寺 | トップページ | 京都2013秋(6):常寂光寺 »

2013.12.11

【閉店】卯どん亭@南鳩ヶ谷

0011

 朝日環境センターの近く。あずま橋の北詰辺り。一応SR南鳩ヶ谷駅が最寄になりますが、駅からはかなり距離あり。土曜昼に往訪。先客3、後客ゼロ。

0010

 旧鳩ヶ谷市がご当地グルメとして「ソース焼きうどん」を売り出しているとの話を聞いて、近所の店を往訪してみた次第。鳩ヶ谷にブルドックソースの工場があるのが、「ソース焼うどん」を売り出すに至ったきっかけとのこと。

0002

 メニューを見たところ、驚いたことに「「ソース焼きうどん」はメニューの片隅に記されているだけで、特に推している様子はなし。デフォルトらしき中盛(590円)に、終日無料でついてくるライスを注文。

 店内はテーブル席主体。店中央にコの字型カウンターが10席程度ありますが、それをぐるっと取り囲むように4人掛けテーブルを10卓近く配置。

0004

 メニューに中盛(400g)とあったのでかなりの量を覚悟していたところ、どうも茹で後の表示だったようで量はいたって普通。

 どばっと削り節がふりかけられた状態で登場。麺はかなり柔らかめで、しかもべちょっとしていて、それでいてコシはしっかりしているというなんとも微妙な出来。具はキャベツがほとんどで、あとはニンジンと豚肉が少々入っている程度。

0009_3

 ソースはどろっとしていて、しかもかなり濃厚。従ってご飯のおかずにちょうど良いくらいで、焼きうどん単体だとすぐに飽きがきそう。

 特段ローカル色はなく、これといった特徴もないこの出来で「ご当地グルメ」として売り出すのは無理があるでしょうなぁ・・・川口の「キューポラ定食」みたいに実態に疑問符がつく代物ではないだけマシですが。

 うどん本来の出来を確かめるべく他のメニューで再訪しようと思ったら、レジに12/15で閉店との張り紙が。まぁ極端に店員を減らしているのか、注文時・会計時とも厨房へ向かって大声を張り上げないと店員が来ない惨状でしたし。

|

« 京都2013秋(5):天龍寺 | トップページ | 京都2013秋(6):常寂光寺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58712854

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】卯どん亭@南鳩ヶ谷:

« 京都2013秋(5):天龍寺 | トップページ | 京都2013秋(6):常寂光寺 »