« 京都2013秋(9):嵯峨釈迦堂 | トップページ | 京都2013秋(10・了):天龍寺宝厳院 »

2013.12.17

浦和2013年回顧(要旨)

・予想以上に早く土台が完成し、今年はそこに上物を建てる年だった。

・取り寄せた建材は上々の出来。

・そこでミシャ棟梁は喜び勇んで上物を立てては見たものの、一見ド派手に見える上物は非常にバランスが悪く、年末についに倒壊。

・一応土台は残っているが、棟梁の手腕には疑問符がつく格好になり、来年も新建材に頼るしかなかろう。

今年一年の回顧、及び来年の展望をごく簡単にまとめるとこんなところでしょうか。以後エントリーを改めて今年一年を振り返ります。

もっとも終盤の崩壊っぷりがあまりにも衝撃的で精神的にダメージがでかく、それゆえ今年一年を上手くまとめられないまま尻切れトンボになってしまうかもしれませんが、その際は平にご容赦を。

|

« 京都2013秋(9):嵯峨釈迦堂 | トップページ | 京都2013秋(10・了):天龍寺宝厳院 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58748463

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和2013年回顧(要旨):

« 京都2013秋(9):嵯峨釈迦堂 | トップページ | 京都2013秋(10・了):天龍寺宝厳院 »