« 大勝軒next@渋谷 | トップページ | 京都2013秋(4):高台寺 »

2013.12.01

【観戦記】13年第33節:鳥栖 4−1 浦和

・わずかに残っていた逆転優勝の可能性を自ら叩き潰したような惨敗。セットプレーで早い時間帯に先制を許し、その後は守備を固める相手を攻め倦み、点を取るどころかカウンターで失点を重ねるという典型的な浦和の負けパターンをこれでもかこれでもかと遠い九州の地で大披露。怪しげな判定も見受けられましたが、敗戦を審判の責めに帰することができるほど競った内容の試合ではありません。

・点があまり入らないフットボールという競技の特性上、これだけ大量失点、しかもしょーもない失点を繰り返しているようでは優勝なんて夢のまた夢。3年目のミシャに重い重い課題を突きつけた感のある惨敗でした。

0002

・鳥栖は立ち上がりから浦和のボールホルダーへガンガンプレッシャーをかけてきました。いつもの4−2−3−1ではなく、池田の位置が豊田とほぼ横並びで4−2−2−2の布陣のように見えましたが、陣形をよりコンパクトにしてプレスがかかりやすいようにした意図だったのかどうか。

・この鳥栖の積極果敢な動きに対して浦和はまともにビルドアップができず、パスミスを連発。簡単にボールを失ってはカウンターを浴びる最悪の立ち上がり。玉際の競り合いでことごとく負けまくって話になりません。

・がら空きバイタルで放たれた藤田のミドルシュートは山岸が辛うじて防ぎましたが、続くCKからの流れで失点。形勢不利な時間帯を凌ぎきれず、失点しそうな時間帯に、それが必然であるかのように失点。

・浦和の攻撃も前半半ばすぎからなんとか形になりはじめ、柏木のループ気味のシュートがバーを直撃したのが前半最大のチャンス。さらに阿部の攻撃参加から柏木がエリア内でシュートを放つも、これは林の正面。この日は柏木が孤軍奮闘。惨敗の中、柏木だけは合格点を与えて差し支えないかと。

・流れが浦和に向きかかったところで、鳥栖の縦パスが簡単にどフリーの豊田に通ってしまう大惨事。なんで豊田のマークが外れているのか、いやその前に何か大チョンボがあったような気がしますが・・・(思い出せないので後で録画を確認します)。豊田は難なくゴールを決めて二点目。

→録画を見たら、槙野のバックパスを受けた山岸のキックがそのままどフリーの相手に渡ってしまい、さらにその縦パスを受けたキム・ミヌもフリーなら、その先の豊田もフリーというもはや憤死するしかない大失態でした(´・ω・`)ショボーン

・その後の浦和は相変わらずパスミスが多く、また原口が全く機能しないためか、前半は左サイド攻撃が不発。この日平川に代えてスタメン起用された梅崎も森脇とのコンビネーションがイマイチで空回り気味でした。

・後半になって鳥栖がリトリート主体の守備に切り換え。豊富な運動量が売り物とはいえ、あれだけのプレッシングを90分繰り広げるのは不可能なので、鳥栖の戦術転換も道理といえば道理。

・これによって浦和は後半になって突如ボールが回りだし、両サイドから攻撃を仕掛けるも、中央を固める鳥栖を崩せないお馴染みの展開。ナビスコ杯決勝で柏が浦和攻略法を天下に知らしめて以降、実に見慣れた光景。原口が左サイドを抉り、興梠のシュートがポストを叩いた場面がこの日一番のビッグチャンスでしたが・・・

・相変わらずマルシオが不在で浦和は攻め駒不足。唯一の攻め駒といえる関口を投入して勝負に出るのは当然ですが、下げたのは梅崎。クロスを相手にぶつけたり、誰にも合わないクロスを上げるだけに終始していた宇賀神を代えるとばかり思っていたのですが・・・ドリブルが武器の梅崎を左サイドに回したほうがまだ可能性があったような・・・

・ともあれ、関口投入後も戦局はさして好転せず。またこの日は啓太を下げて攻撃的な選手を投入し、なぜか柏木をボランチに下げるミシャ定番の勝負手が見られませんでしたが、直輝はまだ使い物にならないという判断なのかなぁ・・・それなら前節の絶望的な局面での直輝投入は何だったのかと。

・一方、ユン監督は終盤になってCB小林を投入し、5バックで浦和のサイド攻撃の可能性を封じる念の入れよう。

・ATに突入しようかという時間帯にカウンターを食らって啓太がエリア内で豊田を後ろから引っ掛けてPK。啓太は得点機阻止の一発レッドでもおかしくなかったくらい。豊田が自らPKを決めてこれで事実上試合終了。

・まぁそれ以前にカウンターを食らって山岸の好セーブでかろうじて難を逃れたり、セットプレーでどフリーでシュートを放たれたり(シュートはわずかに枠外)と、浦和はいつ3点目を取られてもおかしくない状態でしたし、90分まで試合の興味を繋いだだけでも良しとすべきかと(自嘲)。

・ATに入って浦和の破れかぶれの攻撃がようやく奏功して、右サイドからのクロスを那須が叩き込んでが一点返すものの、その直後に、またしても最終ラインのお粗末なミスから豊田に殺られる始末。こうなると、もはや脱力気味に笑うしかありません。

・選手の挨拶も見届けずにスタジアムを出た人が多いためか、帰りの鳥栖駅は大混雑。ぼやぼやしていると駅に入れないどころか、橋を渡れませんし。

0021

−−−−−興梠−−−−−
−−原口−−−−柏木−−
宇賀神−阿部−啓太−梅崎
−槙野−−那須−−森脇−
−−−−−山岸−−−−−

得点:90+2分 那須

63分 梅崎→関口

0020

−−−池田−−豊田−−−
民友−−−−−−−−早坂
−−−藤田−−高橋−−−
磯崎−坂井−−菊地−丹羽
−−−−−林−−−−−−

得点:15分 早坂、37分 豊田、90分 豊田、90+6分 豊田

69分 池田→ニルソン
81分 早坂→小林
87分 藤田→水沼

|

« 大勝軒next@渋谷 | トップページ | 京都2013秋(4):高台寺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/58674798

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】13年第33節:鳥栖 4−1 浦和:

« 大勝軒next@渋谷 | トップページ | 京都2013秋(4):高台寺 »