« 【観戦記】14年第7節:名古屋 1-2 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:名古屋2014 »

2014.04.14

【観戦記】14年第3節:浦和L 5-0 AS埼玉

・開幕戦で神戸を撃破し、続く伊賀にも3-0の大勝と波に乗る浦和。今季ホーム開幕戦を見に行きましたが、昇格したばかりのASエルフェン埼玉を全く寄せ付けず、5-0の大勝。浦和の運動量が落ちた終盤になるまで埼玉はシュートをほとんど撃てませんでした。

・浦和は後藤が出場停止なのに加え、なぜか吉良がベンチにもおらず。不動の2トップを欠いた格好になりましたが、吉田監督は大滝をスタメン起用し、さらに柴田を前目センターに配置転換し、開いた右SHには栗島を起用。

・埼玉はCF荒川目掛けてガンガンロングボールを蹴ってくるのかと思いきや、そんなことは全然なくて中盤でしっかり繋ぐ指向。ただ中盤での潰し合いとなると、浦和が圧倒的に優勢で、試合は序盤から一方的な浦和ペースに。個々人のスキルで浦和が上回っている上に、運動量や相互の連携でも浦和が勝り、埼玉はまさになす術がない状態。とにかく浦和の中盤の良さが目を惹いた試合でした。

・埼玉はCBにスピードがないのが泣き所のようで、陣形をコンパクトに保とうとしてDFラインを上げるのは良いとしても、その裏を突かれるとかなりしんどそうでした。またビルドアップのミスも多くて、浦和に何度もカウンターチャンスを献上。

20140413004

・大滝を長時間見たのは初めて。2得点はお見事でしたが、如何せん運動量が少ないので強い相手だと中盤にめっちゃ負担をかけそう。広範囲を動き回ってシュート以外の様々なタスクをこなしている柴田と対照的で、現状では「アミツァ」どまりかなぁ。

・終盤まで最終ラインが脅かされることはありませんでしたが、高畑の相方に入っている乗松って高卒新人なのに落ち着き払っていて頼もしい限り。久しぶりのSBらしいSB臼井共々、昨年ズタボロだった最終ラインを引き締めるに相応しい人材が得られて何より。

・この日の観客はなんと3464人。試合開始20分くらい前に駒場に到着したらまとまった空席なんてほとんど見当たらないくらいの入り。女子だと「埼玉ダービー」の集客効果がそんなに高いとは思えないのですが、3000人超って優勝した2009年の終盤以来かなぁ? そして次の試合会場が金を取るに値しない貧相な鴻巣というのが誠に残念。

20140413003

---柴田--大滝---
加藤--------栗島
---藤田--猶本---
臼井-高畑--乗松-堂園
-----池田-----

得点:

16分 加藤(右サイドから栗島クロス→柴田中央でスルー→加藤)
35分 大滝(ショートカウンターから柴田→大滝)
50分 大滝(右サイドから柴田クロス→DFライン裏で大滝受ける)
76分 清家(猶本スルーパス→清家)
90+2分 齊藤(シュートのこぼれ玉を押し込む)

58分 栗島→齊藤
71分 大滝→清家
79分 加藤→岸川

20140413001

・そういえば"Praid Of Keito”のゲーフラ掲げていたねーちゃんは元気かなぁ・・・

|

« 【観戦記】14年第7節:名古屋 1-2 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:名古屋2014 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59466140

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】14年第3節:浦和L 5-0 AS埼玉:

« 【観戦記】14年第7節:名古屋 1-2 浦和 | トップページ | ごらんアウェー:名古屋2014 »