« 竹三郎@浅草 | トップページ | 【移転】 Noodle Azzurri@東長崎 »

2014.04.11

【展望】14年第7節名古屋戦

・名古屋は現在チーム再建の真っ只中。6年にわたってストイコビッチが指揮を取ったものの政権末期は停滞感・行き詰まり感が甚だしく、戦績も下降線を辿っていたため監督交代は当然でしょう。

・そこで西野監督を招聘したところまではいいのですが、さらに最終ラインの大幅な入れ替えを同時に断行したのかは傍目には良く判りません。

・長年同じ顔ぶれだった名古屋最終ラインのうち阿部・増川・田中隼が戦力外となり、残ったのは闘莉王だけ。抜けた選手の代わりは経験の少ない選手が担っています(CB大武にいたっては福岡大在籍中)。

・しかも運が悪いことにその最終ラインに怪我人が多発してCB牟田と右SB田鍋が離脱中。

・これだけの悪材料が重なると大量失点の試合が続いても何の不思議もなさそうですが、リーグ戦では清水戦の3失点、広島戦の5失点が目立つくらいで、今のところ「出来にムラがある」といった程度に留まっています。

・前目の選手では藤本がいなくなって、代わりに鳥栖から野田、C大阪から枝村を獲得。もっとも野田は鳥栖在籍時の怪我が治っていないようで、未だ出場なし。その代わりといってはなんですが、特別指定選手で大分にいた松田が途中出場でそこそこ活躍しているようです。

・試合は広島戦をテレビ観戦しましたが、西野はなぜか広島に無為無策(特に守備)で臨んで大量失点で敗戦。これだけの大敗を喫すると、広島とベースが同じ浦和には西野が何か策を練ってくるような気がしてなりません。

・浦和は残念ながらCB永田が負傷離脱。永田の代わりに那須が入る他は仙台戦と同じスタメンで臨むものと推察されます。

・また永田離脱の余波という見方もできますが、名古屋のパワープレー対策として濱田がベンチ入りする可能性あり。

・広島戦を見る限り、名古屋はケネディ目掛けてロングボールを多用するわけではなく、一応ポゼッション指向(広島相手には全く上手く行きませんでしたが)。しかも中途半端に前に出てくるので割とやりやすい相手かも。

---------------------------------------------------

<前節:名古屋 2-5 広島>

---玉田--ケネディ---
矢田--------小川
---田口--磯村---
本多-闘莉王-大武-刀根
-----楢崎-----

得点:6分 ケネディ、85分 ケネディ(PK)

73分 小川→松田
73分 玉田→小屋松
82分 小屋松→枝村(負傷交代)

・名古屋はなぜかダニルソンがベンチスタート。また枝村もスタメンから外れ、代わりに大卒新人の矢田を起用しましたが、ただでさえ完成度ではるかに上回る広島相手にこの面子では大敗やむなし。

・ケネディが猛然とGK林に詰め寄り、林のミスを誘って幸先よく先制したものの、その後は文字通り広島のタコ殴り状態。名古屋は4×2のブロックで広島の攻撃に対応していましたが、前半からサイド、特に名古屋右サイドがやられ気味。サイドをケアするとバイタルエリアが空いて広島に縦パスを入れられる悪循環。

・また名古屋はなんとか前からボールを奪いに行こうとしてはいましたが、広島のパス回しに文字通り翻弄されてどうにもならず。しかもなにせ最終ラインに鈍足の闘莉王がいてラインを思い切り押し上げられないためか、変に前からボールを追ってゆくと全体が間延びしがち。その間延びゆえに広島にいいようにパスを回されたような。

|

« 竹三郎@浅草 | トップページ | 【移転】 Noodle Azzurri@東長崎 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】14年第7節名古屋戦:

« 竹三郎@浅草 | トップページ | 【移転】 Noodle Azzurri@東長崎 »