« 【展望】14年第14節C大阪戦 | トップページ | 【観戦記】14年第14節:浦和 1-0 C大阪 »

2014.05.17

【TV観戦記】女子アジア杯:日本 4-0 ベトナム

・ベトナムは全員が自陣に引いて徹底して縦ポンからカウンター狙い。勝てなくてもせめて勝ち点1はなんとかもぎ取ろうとしてか、早い時間帯から時間稼ぎ行為が目立つ相手に日本は前半苦しみましたが、終わってみれば実力差通り4-0の大勝。日本は勝ち点で並ぶ豪州を得失点差で上回り、グループ首位に浮上。

・豪州と引き分けたことでホスト国ベトナムに勝つことが必須となった日本は第1戦から大きくメンバーを変更。第1戦で良くなかった2トップ&右SHを入れ替え、さらに澤&上尾野辺と攻撃力のある選手を並べて立ち上がりから文字通り総攻撃。

・しかしどん引きのベトナムを崩すのは至難の業で、流れの中からは川澄→大儀見のビッグチャンスがあっただけ。

・CKをたくさんもらいましたが、菅澤のシュートがポストにあたったのが惜しかったくらいで、そのまま前半終了かと思ったのですが、前半44分にCKからの流れで柏木川澄がミドルシュートを決めてようやく日本先制。

・後半に入ってもベトナムは反転攻勢に出るわけではなく、相変わらず日本が一方的に攻撃。再びCKの流れから木龍が頭で押し込んで2点目。ドン引きの相手に日本はセットプレーからのチャンスを生かして加点する理想的な展開に。ベトナムの攻撃力を考えれば、これで事実上試合終了。

・後は川澄→大儀見、高瀬→川澄とサイド攻撃が次々決まって、終わってみれば前半の苦戦が嘘のような4-0の大勝。

・浦和勢はスタメン起用されなかったどころか、途中出場もなし。高畑はベンチにも入れず。2点差がついてからの途中投入が既に実績のある丸山、宇津木なのか理解に苦しみました。そして丸山はほとんど何もできないまま試合終了。木龍→後藤、宮間→猶本だろ、どう考えてもフツー・・・

・あと大儀見の相方としてスタメン起用された菅澤は放り込みのターゲットとしてしか期待されていないのか、パスワークの中で他の選手とあまり絡まないのが気になりました。4点目はちゃんと潰れ役になっていましたが。

・前線では相変わらず白竜大儀見がハジキ持って大暴れ。途中投入の高瀬が気楽な局面ということもあって第1戦よりはかなり良い出来に見えましたが、それでも大儀見が抜ける準決勝以降日本は苦労しそう。

---菅澤--大儀見--
川澄--------木龍
---宮間---澤---
上尾-川村-岩清水-有吉
-----福元-----

木龍→丸山
大儀見→高瀬
宮間→宇津木

|

« 【展望】14年第14節C大阪戦 | トップページ | 【観戦記】14年第14節:浦和 1-0 C大阪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59656280

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】女子アジア杯:日本 4-0 ベトナム:

« 【展望】14年第14節C大阪戦 | トップページ | 【観戦記】14年第14節:浦和 1-0 C大阪 »