« 【TV観戦記】14年第13節:大宮 0-2 浦和 | トップページ | ブラジルW杯、日本代表メンバー決定 »

2014.05.12

【観戦記】浦和L 1-0 バレンシア

・サイデン化学様の肝いりで実現したバレンシアCFフェミニーノ(以下「バレンシア」)との親善試合。バレンシアには元浦和の岩倉選手が在籍しており、背中に「ミツエ」と書かれた記念試合用のユニフォームで14番を背負って出場。

・浦和は代表に5人もぶっこ抜かれ、特にレギュラーCB & レギュラーFWが2枚ともいないという苦しい陣容。まぁ先のニュージーランドとの親善試合には高畑を除く4選手が出場したので「呼んで使わないなら呼ぶな!」と悪態をつくわけにもいかず。

・とはいえ、たまたま今年は後藤&吉良を共に欠いた試合を経験しており、また昨年最終ラインで出場していた選手もいるので、「頭数がいないので全くやったことがないポジションをやらさせている」という意味でのド素人の選手なしにチームが組めました。基本的にサイドの選手である堂園がCBをやっているのだけは昨年同様スクランブル感ありありですが、普段出場機会の少ない選手には絶好のチャンス。

・試合は後半開始から半ばにかけてちょっと緩んだ時間帯があった他は一方的な浦和ペース。バレンシアは長旅でコンディションも良くない上に、そもそも浦和との実力差が相当あるのだと思いました。また玉際の競り合いでバレンシアの選手が傷んでしまう場面もしばしばあってちょっと気の毒でした。

・前線からしばしば下がってくる柴田を含めて中盤にレギュラー陣がそこそこ残っているためか、浦和が終始中盤でバレンシアを圧倒。高い位置でボールを奪ってサイドへ展開、あるいはバレンシア最終ラインを走り抜ける選手へスルーパスという形で、両手でも数え切れないほどの決定機てんこ盛り。往々にしてバイタルエリアががら空きなので岸川がミドルシュートを試みる場面もしばしば。

・ところが驚くべきことにそれを全く決められない。バレンシアのGKはスペイン代表のようで、その好守に阻まれた場面もなくはないのですが、どちらかというと浦和が勝手にシュートをGKにぶつけまくっていたような気も。

・この日唯一の得点は大滝がGKにぶつけた跳ね返りを柴田がなんとか押し込んだもの。あとは延々「GKぶち当て祭り」が続き、選手が大幅に入れ替わった後半半ば以降は「枠に飛ばないよ祭り」まで併催。もっとも終盤はクォリティー的にしんどいなっちゅー選手も散見されて、やむを得ない面も無きにしも非ず。

・不安視された最終ライン&GKも、バレンシアにこれといった攻め手がないのでボロは出さずに済みました。もっとも後半半ば以降は強い相手には致命傷になりかねないプレゼントパスが続出してしまいましたが(苦笑)

・終始攻められっぱなしのバレンシアのフォーメーションが良く判らないままでしたが(4-1-4-1?)、岩倉は前半中盤中央の前目、後半はポジションを下げたような格好で出場。浦和ではSHが主戦場だったので、CHにいるのはちょっとびっくり。試合終了後はバレンシアの選手達が岩倉を胴上げ。

・岩倉にとって久しぶりの駒場凱旋でしたが、なにせここ2、3年でベテランどころか中堅までごっそりいなくなった浦和。この日の出場メンバーだと、岩倉と一緒にゲームに出ていたのは堂園と岸川、藤田、柴田、齊藤くらい。「久々に実家に帰ってきたら、見たことがない遠い親戚の子がわらわらでてきて困った」かも。

Img_0636

---柴田--大滝---
加藤--------栗島
---藤田--岸川---
臼井-堂園--坂本-石井
-----平尾-----

得点:31分 柴田

56分:石井→和田
64分:栗島→清家
72分:加藤→泊
76分:坂本→千葉
76分:臼井→齊藤
79分:大滝→中村

※選手交代制限なし

|

« 【TV観戦記】14年第13節:大宮 0-2 浦和 | トップページ | ブラジルW杯、日本代表メンバー決定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59629083

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和L 1-0 バレンシア:

« 【TV観戦記】14年第13節:大宮 0-2 浦和 | トップページ | ブラジルW杯、日本代表メンバー決定 »