« 鶏三郎@錦糸町 | トップページ | 維新@目黒 »

2014.05.19

【TV観戦記】女子アジア杯:日本 7-0 ヨルダン - W杯出場決定!

・この試合、引き分け以上でW杯出場が決まる日本。佐々木監督はベトナム戦からスタメンを全員入れ替えてヨルダン戦に臨み、序盤こそ自陣に引き篭もる相手に苦戦したものの、終わってみれば7-0の大勝。無事W杯出場権を獲得しました。

・過去「ヒジャブ」と呼ばれるヘッドスカーフの着用を巡ってFIFAとひと悶着があり、それでなくてもイスラム圏の女性にとってそもそもサッカーをやること自体が容易ではない中、ヨルダンは最後まで試合を投げずに真面目に取り組んではいましたが、日本との力量差は歴然。日本のピンチはCKで1度だけありましたが、それもGK海堀が好セーブ。

・日本のベンチには澤、宮間、大儀見、岩清水等々、錚々たるメンバー、大御所中の大御所がずらり。なんか全国優勝を果たした世代のOBが地区予選の応援にやってきて、「下手こいだら承知しないわよ!!!」とばかりに後輩を睨みつけるような絵面になってしまい、ピッチに立つ面々にはヨルダンよりベンチのほうが怖かったかも。

・3点目が入ったあたりから戦況を見つめる宮間社長の眼差しも心なしか穏やかになり、傍らの川澄に「おい、ちょっとビールでも買って来い」と言いたそうな顔つきに。

・4点目が入ってベンチで怪気炎を上げる面々を抑えきれなくなったのか、佐々木監督は澤&大儀見を相次いで投入するえげつない措置に。この試合を最後にチームを去る大儀見の投入はともかく、澤の投入はどう考えても大差がついてともすれば緩みがちになる自軍の督戦だよなぁ・・・もっとも白竜大儀見のハジギが湿り勝ちだったのは誤算だったかも。

・浦和勢は5人全員がスタメン出場。豪州戦では前半途中で交代の憂き目にあった吉良は立ち上がり早々のビッグチャンスを決められずに前途多難と思われましたが、宇津木のクロスをヘッドで決めて先制点をゲット。後半ATにも7点目を決めて、「吉良に始まって吉良に終わって」なんとか面目を施した格好。

・猶本は序盤前線にパスを配給するだけでなく、自らミドルシュートを放ちまくっていました。しかし、精度を欠いて佐々木監督の不興を買ったのか、ミドル自粛&サイド活用を命ぜられてショボーン。後半途中からはなんと左SBへ配転されてしまいました。これでもかこれでもかと猶本の良さを消しにかかる佐々木の妨害工作にめげずに頑張れ!

・この試合での最大の発見は美白のロベカル小原選手@新潟でした(苦笑)

---高瀬--吉良---
後藤--------中島
---猶本--阪口---
宇津木-乗松-高畑-小原
-----海堀-----

宇津木→杉田(猶本が左SBへ)
高畑→澤(阪口がCBへ)
高瀬→大儀見

|

« 鶏三郎@錦糸町 | トップページ | 維新@目黒 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59668055

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】女子アジア杯:日本 7-0 ヨルダン - W杯出場決定!:

« 鶏三郎@錦糸町 | トップページ | 維新@目黒 »