« 津軽2014(4・了)~温湯温泉&のっけ丼 | トップページ | むさし坊@武蔵浦和 »

2014.06.15

【観戦記】14年第9節:浦和L 1-1 仙台L

・判定勝ちというものがなく、かつ点があまり入らないフットボールという競技の特性上、山のようにあったチャンスを決められなかったチームがほんのちょっとしかないチャンスを決めたチームに敗れるというのはよくあること。浦和はそのよくあるケースにずっぽり嵌りかかりましたが、ATに入ってなんとか同点に追いつくのに成功。

・敗色濃厚だった試合で勝ち点1をもぎ取ったとポジティブに評価することもできる一方、そもそも勝てた試合なのに勝ち点1に留まったと見ることも出来、試合の評価は分かれるかと思います。

・前節千葉に大苦戦して引き分けに終わっても不思議はなかったところをセットプレー一発で勝ちきった一方、この日は勝てた試合なのに引き分けどまり。リーグ戦を通じてみれば帳尻が合っており、浦和の今の実力は中堅クラスを振り切るのはまだまだ不十分といったところなのでしょう。

・結果は伴いませんでしたが、試合内容は千葉戦より明らかに向上。仙台は高い位置にブロックを作ってショートカウンターを狙っている風でしたが、千葉よりはかなり中盤のプレスが緩いのが難。

・猶本こそ川村にずっと潰されていましたが、浦和は両サイドでボールを持てるのが千葉戦との大きな違い。特に左サイドから仙台の高い最終ライン裏を狙っての攻撃が目立ち、前半から後半半ばにかけて何度も決定機を作りましたが、それを全く決められず。特に最終ライン裏へ上手く飛び出したはずの後藤の逸機が目立ちました。

・守りは危なげなし。前後半とも変に前がかりになることもなく、不用意にボールを失うこともなく、中盤の守備もよく機能。仙台のカウンターに嵌りかかったのは前半に2回あったくらい。うち1回は仙台14番に右サイド裏へ抜け出され、しかもGK平尾のポジションが変でループ気味のシュートを撃たれてヒヤリとしましたが、シュートは枠外。

・負ける気配は全くなかったのですが、この日は梅雨の晴れ間で猛暑。後半半ば以降はプレー精度を欠いて攻撃の形を作れなくなり、加藤に代えて大滝を投入するも戦況は好転せず。

・お疲れなのはずっとボールを追いかけさせられている仙台も同様で、流れからの得点は望むべくもなく、露骨にCKを取りに行く姿勢が見え隠れ。そしてそのCKから仙台が先制。

・失点してから2選手を投入する吉田監督の後手後手感には参りましたが、ATになって大滝→吉良と繋がって、最終ライン裏へ抜け出した吉良が何とか同点ゴール。決まるときはこんなもんという、実にあっさりしたゴールでしたが、もうちょっと早い時間帯になんとかならんかったなぁ・・・

---後藤--吉良---
加藤--------柴田
---岸川--猶本---
臼井-高畑--乗松-堂園
-----平尾-----

得点:78分 山本(仙台L)、90+2分 吉良

71分:加藤→大滝(後藤が左SHへ)
81分:堂園→石井
81分:岸川→藤田

|

« 津軽2014(4・了)~温湯温泉&のっけ丼 | トップページ | むさし坊@武蔵浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59814683

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】14年第9節:浦和L 1-1 仙台L:

« 津軽2014(4・了)~温湯温泉&のっけ丼 | トップページ | むさし坊@武蔵浦和 »