« 金時@富士の「かつ皿」 | トップページ | 【観戦記】14年天皇杯2回戦:浦和 8-2 浦安SC »

2014.07.12

【閉店】春日@西川口

0003

 西川口駅東口正面の通りを進んで、並木町交番交差点そば。店先には定食メニューとか餃子など中華系一品料理の案内ばかりが目立ち、店を間違えたのかと思いました。先客2、後客ゼロ。

 卓上のメニューで売り物の「焼ラーメン(700円)」を注文。店先の看板には「大盛無料!!!」と大書してありますが、メニューを見ると大盛(750円)となっていて、なにがどうなっているのやら。他に普通のラーメンも。

0001

 店内は手前に4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブルも3卓。さらに店奥に縦長カウンター10席くらい。着席すると鰹節の入った小さなすり鉢を渡されます。

0002

 とろみが強くて、かつざらつき感のあるスープは豚骨ベジタブルだそうですが、かなり甘ったるくて、くどくて、しかも豚骨の旨味は今一つ。魚粉を投入して、なんとか食えるかなぁといったところ。

 以前高田馬場の「劔」でよく似た焼麺を食べたことがあり、その際は「単に麺同士がくっついて大玉になって食べにくいだけ」と良い印象は残らなかったのですが、ここの焼麺は良くも悪くも焼きが甘くて麺が玉にはなってはおらず、食べやすさの点では一切支障なし。

 焦げて香ばしくなっているところもあれば、普通の麺のままのところもあって食感の変化が面白いといえば面白いのですが、美味いかとなると微妙。

 他に小口ネギたっぷり、大ぶりのメンマ、炙り入りの薄いチャーシュー。

 この出来だとラーメンが売れなくて、普通の中華料理屋に変化しつつあるのも判るような。

|

« 金時@富士の「かつ皿」 | トップページ | 【観戦記】14年天皇杯2回戦:浦和 8-2 浦安SC »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59663188

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】春日@西川口:

« 金時@富士の「かつ皿」 | トップページ | 【観戦記】14年天皇杯2回戦:浦和 8-2 浦安SC »