« ごらんアウェー:徳島2014(下) | トップページ | 讃岐2014 »

2014.07.30

竹末東京@押上

0001

 押上駅から浅草通りを東へ、十間橋の南詰。先客5、後客5。

 屋号に「つけ拉」を冠しているのでつけ麺が売りの店と思ったのですが、券売機ボタン先頭は「中華そば(800円)」だったので躊躇なくそれを注文。スカイツリーからは遠く外れ、観光客の回遊はおよそ期待できない立地にも関わらず、「つけ拉」は900円と超強気な価格設定。他に「塩中華そば」。

 店内はL字型カウンター8席。水セルフ。店長が具材を麺にのっける際に簡単な説明あり。

0000

 透明感のあるスープはあっさり目の味わい。心持ちかえしが前面に出てはいますがバランスは悪くなく、特段しょっぱくもなくてまずまず。ベースは鶏がらなのかもしれませんが良く判らず。

 麺はストレートの細麺。硬めというか、なんか粉っぽく芯が残ったような感じで、麺自体は悪くないもののあっさり目のスープとの相性は良いとは言いがたいような。食べ進むに従って、次第にスープと馴染んでは来ますが。

 チャーシューは豚と牛の2種類。さらに面白いことに豚のハツをのせていますが、これはやたら硬いだけで旨味に乏しく、全くの蛇足。

 他にメンマ、ちんげん菜、刻みタマネギ、白ネギ。

 あれこれ詰め込んで頑張ってはいるんでしょうけど、総じて頑張りどころがちょっとずれているような。

|

« ごらんアウェー:徳島2014(下) | トップページ | 讃岐2014 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/59747590

この記事へのトラックバック一覧です: 竹末東京@押上:

« ごらんアウェー:徳島2014(下) | トップページ | 讃岐2014 »