« 【観戦記】14年第17節:浦和 1-1 鹿島 | トップページ | ごらんアウェー:徳島2014(上) »

2014.07.28

銀座一福@徳島

0000_3

 「ラーメン東大」が小ライス付でも量的にちょっと物足りなかったので、予定外のハシゴ。徳島は駅前がそこそこの賑わいを保っている一方、川沿いに広がる商店街の空洞化が著しく、「銀座通り」の一角にあるこの店の周辺もかなり寂しげ。しかし、店は地元の方々で大賑わいで先客9、後客3~4。かなり手狭な店で相席になりました。

 最もシンプルな「中華そば(550円)」を注文。卓上に卵はなく、「月見そば(600円)」で別料金制。「月見そば・肉入り」でも800円。後払い制。また中華そば以外のメニューを頼んでいる人もちらほら。

 店内は4人掛けテーブルが4卓、2人掛けが2卓で総じてやや手狭。また喫煙可なのは困りもの。

0001_3

 豚骨ベースの醤油味という点は同じですが、「東大」と比べるとかなり優しい味わい。「あっさり」と表現するのは妙な気もしますが、「東大」は豚骨といい、かえしといいかなりやり過ぎ感がある、よく言えば判りやすい味わいのに対し、こちらは強烈な個性を放つことがないゆえに万人受けする、飽きの来ない仕上がりに。先客、後客とも年齢層が高めなのも道理。

 麺はやや細めのストレート麺で、心持ち柔らか目ですが、このスープにはよく合っています。

 麺の上にはこれまたしつこくない程度に煮込まれた豚バラ肉。そして細もやし、青ネギ、メンマ。

|

« 【観戦記】14年第17節:浦和 1-1 鹿島 | トップページ | ごらんアウェー:徳島2014(上) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/60041324

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座一福@徳島:

« 【観戦記】14年第17節:浦和 1-1 鹿島 | トップページ | ごらんアウェー:徳島2014(上) »