« 金萬@川口・東本郷 | トップページ | 尾張とんかつ専科 銀豚@川口元郷 »

2014.09.24

【TV観戦記】14年第25節:新潟 0-2 浦和

・手数は新潟のほうが圧倒的に多かったが、終わって見れば浦和が勝っているといういつもの新潟戦的試合内容。中2日でのアウェーゲームでは良質の試合は望むべくもなく、「勝てば何でもいい」とすら思っていましたが、しんどい試合できっちり勝ち点3をもぎ取れたのは何より。

・これで今年の新潟戦は3戦3勝。前2戦はオウンゴールによって運良く勝ったとしか言いようがない内容だったのに対し、この試合は付け焼刃の3-4-2-1でミラーゲームを挑んできた新潟の不備を突いての勝利。同じように押され続けであったとしても試合内容は前2戦よりは格段にマシだったと思います。

・試合は序盤から新潟ペース。新潟は前節広島戦同様3-4-2-1の布陣で積極的に前からプレッシングをかけてきました。浦和は西川を使ってプレスを交わしながらロングボールで盛んに新潟DFラインの裏を狙うがなかなか奏功せず、むしろ山本や指宿に最終ライン裏に飛び出されて危ない場面もちらほら。阿部も啓太も相当お疲れのようで、新潟の単純なパス交換による飛び出しに付いてゆけません。

・ただ幸いなことに新潟はDFライン裏への飛び出しに成功してもトラップが流れてシュートを撃ちきれないケースが頻発。西川の果敢な飛び出しが新潟の焦りを誘ったのかもしれませんが、押されまくった印象が残る割にはシュート数に大差がない(新潟10、浦和8)のは新潟がフィニッシュに持ちこめていなかったことを如実に表している気も。

・新潟優勢の試合展開ながら先制したのは浦和。阿部のロングフィードを小泉の裏で受けた関根→マイケルの裏を取った興梠がファーストシュートでいきなりゴール! 広島戦では新潟右WBが柏にやられまくって失点を重ねていましたが、サイドこそ違えやられかたはそっくり。柳下監督は1対1で負けると途端に破綻するミラーゲームの難しさをまたしても思い知らされる結果に。

・ただその後も戦局は好転せず、依然新潟ペース。動きの悪い浦和は両サイドが空きがちになって指宿、松原、レオシルバと際どい一発を浴びてしまいましたが、シュートは幸いにも枠外。そもそもシュートを撃ちきれない、シュートを撃てば枠外。これじゃ勝てんわなぁ・・・

・とにかく点が取れない新潟を尻目に浦和はまたしても新潟の付け焼刃3-4-2-1の不備を突いて後半開始早々に追加点。阿部のロングフィードを右サイドでどフリーで受けた森脇がエリア内へ侵入して自らゴール。WB(関根)が中へ絞って空いたスペースをCB(森脇)が使う攻撃パターンは前節柏戦でもしばしば見られたもので、戦術の熟成度が低い新潟はこの動きに全く対応できず、森脇をどフリーにしてしまいました。本来森脇に付くべき田中亜が必死に追いかけるも時すでに遅し。

・2点リードしても戦局は芳しくなく、浦和が低い位置でボールを奪ってカウンターに転じようとしても前線で李がしょっちゅうボールを失って逆にカウンターを喰らいかかることもしばしば。CKへの対応を西川が誤ってファーで大野にヘッドを撃たれるとか、縦ポン一発で田中亜に裏を取られるとか、冷や冷やする場面が続きましたが、新潟のシュートはとにかく枠に飛ばない(苦笑)。

・ミシャは興梠→青木、啓太→永田とお疲れの選手を順次交代。興梠→青木投入による3ボランチ化はあまり奏功したようには見えませんでしたが、永田を右CBに入れて森脇右WB、関根左WB、梅崎左シャドーと配置転換したあたりから新潟の攻勢もようやく終息。

・新潟も4-2-2-2に布陣を変更して反撃を試みましたが、頼みのレオシルバが電池切れになり、さらに途中投入のラファエル・シルバを含め攻撃陣がどれもこれもダメダメで得点の気配なし。満を持してミシャがマルシオを投入した後は浦和がようやく前目でボールを持てるようになってまんまと逃げ切り成功。

・柳下監督がなんでこれまでの浦和戦で十二分に機能していた4-2-2-2を捨てて、急造の3-4-2-1で臨んできたのかは傍目には皆目わかりませんが、この分だと今年はともかく来年はヤバイかも。もっともまともなFWを補強しただけで事態は一変するのかもしれませんが。

-----興梠-----
--柏木-----李--
梅崎-阿部--啓太-関根
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

得点:22分 興梠、50分 森脇
 
66分 興梠→青木
73分 啓太→永田
82分 柏木→マルシオ

・ミシャは厳しい日程を考慮してか、両WBを入れ替えて梅崎と関根をスタメン起用。前節90分起用した宇賀神と平川はベンチにも入らず完全休養という思い切った手を打ってきました。どちらかといえば関根のほうが心配でしたが、ふたを開けてみれば関根の対面が同じく経験の浅い小泉だったのが幸いしてか、関根が2得点に絡む大活躍。むしろ梅崎のほうが不用意としか言いようがない守備で松原にぶち抜かれるなど、出来は芳しくなかったかと。

-----指宿-----
--田中亜---山本--
小泉-小林--シルバ-松原
-大野--舞行龍-大井-
-----守田-----

65分 小泉→ラファエル シルバ
76分 山本→達也
82分 指宿→岡本

・新潟は出場停止明けの田中亜がスタメン復帰。さらに前節右WBで失態を繰り返した川口に代えて松原をスタメン起用。

・1トップの指宿。前節広島戦で似たような体格&年齢の皆川と比べてポストプレーヤーとして明らかに劣っているのが丸判りでしたが、この試合でもボールは収まらないわ、トラップは下手だわ、シュートモーションがでかくてシュートを撃ちきれないわ、撃てば枠外だわとさっぱり。

・途中から出てきたラファエル・シルバも現状ではただのラフプレーヤーに過ぎず(連携が悪くてイライラしているように窺えました)、イエロー2枚で退場させられても不思議はなかったくらい。

・川又を放出して獲得した2人がこのテイタラクですから、柳下監督も大変でしょうなぁ。そしてその川又は同日のC大阪戦で大活躍(爆笑)。

|

« 金萬@川口・東本郷 | トップページ | 尾張とんかつ専科 銀豚@川口元郷 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】14年第25節:新潟 0-2 浦和:

« 金萬@川口・東本郷 | トップページ | 尾張とんかつ専科 銀豚@川口元郷 »