« 喜多方屋 本店@板橋区役所前 | トップページ | 【TV短感】日本 0-2 ウルグアイ »

2014.09.05

鬼金棒@池袋

0001

 池袋東口五差路を渡って、グリーン大通りを直進。ファミマの先を左。目の前が「三代目 よってこや」で、玉石混合ながらもラーメン店がやたら多いエリアに立地。先客2、後客ゼロ。

 神田の人気店が池袋に出店したもので、神田のほうは大昔に一度行った後すぐに行列店になってしまったのでそれっきり。

 店内の券売機で基本の「カラシビ味噌らー麺(800円)」を注文。唐辛子と山椒は「抜き」から「増し」までそれぞれ4段階で量が選べますが、共に「普通」で。先客が共に「抜き」を頼んでいましたが、それならこの店に来なくても(苦笑) なおメニューはらー麺のオプション増があるのみで、つけ麺やまぜそばはありませんでした。

 店内は横長L字型カウンター10席。座席の背後がやたら狭く、混雑時は店左端の券売機で食券を買った後、座席背後の引き戸から出入りするしかなさそう。水セルフですが、ポットではなく、カウンター前に数か所給水器を設置してあります。

0000

 マー油(?)が浮いていることもあってか、ちょっと複雑怪奇な形相をしていますが、見た目と違って辛さのほうはたいしたことはなく、個人的には美味しく食べられる範囲内で、とにかく辛いのが好きな方なら「普通」では物足りないかと。

 辛さのほうはともかく、神田で食べたときは「痺れ」というか、鼻腔をくすぐり続ける山椒が印象的でしたが、超久しぶりに食べてみると痺れのほうもさしたることはなく、ちょっと拍子抜け。その分背脂過多でこってり、かつずっしりと重いとんこつベースのスープが美味しくいただける気もしますが。

 麺は太め(手打ちみたいに太さが不揃い)の縮れ入り。つるつるもちもちっとした食感で、しかもスープに負けてはおらず、気に入りました。

 具に雑然とちぎったような柔らか目、かつ脂がやや多めのチャーシュー。もやしはちょっとくたってしまってイマイチ。一個だけのっかったベビーコーンは意味不明。黒いのがかかってしまって、彩りを添える意味もなしてないし。他に刻みネギ。

|

« 喜多方屋 本店@板橋区役所前 | トップページ | 【TV短感】日本 0-2 ウルグアイ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/60148978

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼金棒@池袋:

« 喜多方屋 本店@板橋区役所前 | トップページ | 【TV短感】日本 0-2 ウルグアイ »