« えだぐち@西新井 | トップページ | かわぐち光のファンタジー2014 »

2014.11.23

【観戦記】14年第32節:浦和 0-2 G大阪

・引き分けなら勝ったも同然だった浦和。その狙い通りに試合を進めながらも最後の最後で詰めを誤って、最悪の結果に終わってしまいました。

・浦和守備陣が奮戦してパトリックにも宇佐美にもこれといった仕事はさせず、G大阪の決定機は後半遠藤→阿部の1回だけ。宇佐美どころかパトリックまでベンチに下がった時点で浦和の負けはないと思ったのですが、FKのチャンス(?)からカウンターを喰らってまさかの失点。

・ここまで相手のカウンターにも上手く対処していたのに、なんであそこだけヘマこいだんだろう? しかも頭数だけはそれなりに戻っているのに誰も佐藤を掴まえていないというマヌケっぷり。わずかながら浦和が押し気味に試合を進め、ひょっとすると勝てるのでは?という色気を出したのが良くなかったのかどうか。試合そのものは「引き分けでも問題ない」という観点からすれば上々の出来だっただけに、何とも残念な結末でした。

Img_2770

・勝たないといけないG大阪はやはりナビスコ決勝後半のフォーメーション4-4-2を採用。前半しきりにパトリックを槙野の裏に走らせようとしていましたが、槙野が奮戦してほとんど攻撃の形を作れず。チャンスらしいチャンスは前半終了間際の宇佐美縦パス→パトリックヘッドのみ。

・浦和は4-4-2のの相手に対して定石通り高い位置にいる両WBを軸にサイド攻撃。槙野や森脇もそれなりに攻撃参加してサイドに厚みを加えてはいましたが、引いて中央を固めるG大阪にことごとく跳ね返されて前半は決定機なし。

・G大阪の出来、特に中盤の出来は良いとは言い難く、浦和はG大阪のミスに乗じて高い位置でボールを奪う好機がありましたが、なんとも不可解なことにフィニッシュまで持ってゆけず。この試合を通じて「そこで撃たないのかぁぁぁ???」と悶絶してしまう場面が多々。シュートコースの有無なんてさっぱり判らないので、無責任極まりない悶絶で恐縮ですが、「譲り合う 心が通う ゴール前」は精神衛生上良くない。強引にゴールにねじ込んでくる原口の穴を痛切に感じます。

・後半になるとG大阪はパトリック頼みを止め、一転して人数をかけてショートパス主体の攻撃に切り替えてきましたが、これまた全く奏功せず。逆に最終ラインで凌いだ浦和がカウンターでチャンスを掴みかかる場面が増えましたが、こちらもフィニッシュには至らず。

・マルシオ&関根の投入後、青木に好機があったくらいで双方なんとももどかしい展開のまま試合は終盤へ。浦和は柏木→宇賀神がエリア内左からシュートを放つもやや角度がなくて東口セーブ。逆にG大阪も遠藤→阿部の決定機がありましたが西川がセーブ。これで均衡した試合、緊迫感あふれる試合は事実上の浦和勝利で終わると思ったんですがねぇ・・・

・交代枠が1つ余っていたので、例えば関口を入れて是が非でも勝ちに行くのか、永田を入れて引き分けで終わらせるのか、選手交代ではっきりとしたメッセージを送るべきだったかもしれませんが、それも結果論でしかないか。

Img_2768

-----李------
--梅崎----柏木--
宇賀神-阿部-青木-平川
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----

56分 梅崎→マルシオ
64分 平川→関根
89分 宇賀神→興梠

・啓太がベンチにもいないのには驚きましたが、コンディション不良かな? しかし青木はその持ち味を生かした働きを見せて啓太不在の影響はそれほど感じられず。

・李は吉田主審が一貫して少々の接触ではほとんどファウルを取らないことに恵まれてか、G大阪の最終ラインとガツガツやりながら相当頑張っていたと思います。時に高い位置で相手のボールロストを誘発してチャンスを掴みかかることも。フィニッシュにほとんど絡んでいないことだけは残念ですが。

・骨折が完治していない興梠をベンチに入れるのにも呆れましたが、ベンチ入りで相手をびびらせるのが狙いならともかく、1点取られてから興梠を本当に出すか、フツー・・・。そして案の定怪我を悪化させる最悪コースに。この選手起用だけは強く責められて然るべきでしょう。

20141122004_2

--宇佐美--パトリック--
大森--------阿部
---今野--遠藤---
呉--丹羽--岩下-米倉
-----東口-----

得点:88分 佐藤、90+3分 倉田 秋
 
71分 宇佐美→リンス
74分 大森→倉田
82分 パトリック→佐藤

|

« えだぐち@西新井 | トップページ | かわぐち光のファンタジー2014 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】14年第32節:浦和 0-2 G大阪:

« えだぐち@西新井 | トップページ | かわぐち光のファンタジー2014 »