« キッチンニュー南海@西川口 | トップページ | 田中屋@神楽坂 »

2014.12.29

【観戦記】14年皇后杯準決勝:浦和L 3-1 千葉L

・得点差ほどの実力差がないどころかスコアが逆であってもなんら不思議はないほど浦和の出来、特に前半の出来は酷かったのですが、千葉というかFW菅澤のあんまりな決定力のなさとGK山根のお粗末なプレーに助けられて、終わって見れば浦和が大勝。2人のなでしこ代表に足を引っ張られて、勝てた試合を落としてしまった千葉は泣くに泣けないかも。

・今年千葉には一度も負けていませんが、千葉の豊富な運動量&鋭い寄せの前に毎度毎度大苦戦を強いられた挙句、後半に得点を奪ってなんとか勝っている展開の連続。この試合もその流れ通りに。

Img_3511

・前半の浦和は思うようにボールが繋げないどころか、パスミスからカウンターを喰らって何度も千葉に決定機を与えてしまいました。立ち上がりと前半終了間際に菅澤にエリア内でシュートを撃たれた場面が一番やばかったのですが、菅澤のシュートは幸いにも枠外。深澤の突入&シュートはGK池田の正面。

・カウンターで縦に速い攻めを繰り出してくる千葉に対し、浦和は左サイド攻撃一辺倒。和田&加藤、場合によっては柴田も絡んで左サイドからクロスを送る場面が何度かありましたが、浦和の2トップが千葉にがっちり押さえられて決定機どころか満足にシュートすら撃てず。

・猶本が故障して柴田がボランチに入り、さらに大滝退団で後藤がFWに戻った関係で右SHには齋藤が入っていましたが、守備固め的な意味合いで終盤に投入されることが多い選手だけに、相手が強くなってくるとスタメンはちょっとしんどいかな。浦和の右サイド攻撃は全く機能せず。

・守備は崩壊寸前&攻め手は手詰まり状態ながらなんとかスコアレスで前半終了。吉田監督は後半頭から齋藤に代えて清家を投入しましたがさほど戦局は好転せず、千葉が一方的に攻撃を仕掛ける時間帯が長く続きました。浦和は中盤で千葉の攻撃を食い止められず、最終ラインでなんとかボールを奪い取って縦に蹴りだすだけ。そして簡単にボールを失って再度千葉が攻撃。

・ただ総じて浦和の重心が後ろに下がった分、後半立ち上がり千葉が攻めている割には決定機を作れなくなったのも確か。浦和がカウンターが持ち味の相手にあえてボールを持たせる意図はなかったのでしょうけれど、結果としてはそんな格好に。

・千葉が攻めながらも点が取れないでいるうちに浦和がセットプレー一発で64分に先制。和田CK→堂園ヘッドがサイドネットに決まったもので、これは長身GK山根も手も足も出ず。

・先制点さえ取れれば守備が堅い浦和は強い。前がかりにならざるをえない千葉に対して、後半頭から浦和が再三繰り出していた縦ポン攻撃も俄然意味を持ち始めます。縦パスへの対応がやや曖昧だった千葉DF陣を清家一人でぶち抜き、おまけに山根の股をもぶち抜いて追加点。その後も千葉左SB千野とCB櫻本が清家のスピードに付いてゆけずに大炎上。

・大笑いだったのは3点目。GK池田のロングキックが千葉最終ラインを超えて清家が拾ったのはともかく、何を血迷ったのか全然ボールに間に合わないタイミングで山根が飛び出してきたのには大爆笑。清家はあっさり山根を交わして無人のゴールへコロコロシュート。その後も山根に同じような無謀な飛び出しがあり、清家がループシュートを放ちましたが、これは枠外。

・先制された千葉もノーチャンスだったわけではありませんが、菅澤のヘッドはポストを叩いてまたしても不発。ATにセットプレーからの流れで、どう見ても手で押し込んだゴールが認められるもその一点止まり。

・MOMは文句なく2ゴールの清家。あとGK池田に敢闘賞。池田は今季リーグ戦では負傷もあって平尾にポジションを奪われて専らサブに回る格好になってしまいましたが、今日は押し込まれる時間が長かったにも関わらず落ち着きを失わずに良く凌ぎきったと思いました。

Img_3509

---後藤--吉良---
加藤--------齋藤
---柴田--岸川---
和田-高畑--乗松-堂園
-----池田-----

得点:64分 堂園、69分 清家、73分 清家、90+3分 深澤(千葉L)

HT:齊藤→清家(吉良が右SHへ)
70分:和田→臼井
84分:加藤→石井(石井が右SBに入って5-4-1っぽい格好に)

|

« キッチンニュー南海@西川口 | トップページ | 田中屋@神楽坂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/60884947

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】14年皇后杯準決勝:浦和L 3-1 千葉L:

« キッチンニュー南海@西川口 | トップページ | 田中屋@神楽坂 »