« 野崎雅也選手、契約満了 | トップページ | 来来亭@東川口 »

2014.12.04

【TV観戦記】ネスレカップ準決勝:浦和L 0-1 サン・ジョゼ

・前半は押し気味で推移したものの、後半は全くいいところなく、カウンターによる1点をきっちり相手に守り切られて敗戦。ウノゼロかつ相手にそんなにチャンスがあったわけでもありませんが、それでも点差以上に実力差があった印象を受けた試合で、相手にしてみれば「浦和は上手いけれども怖さがない」と評されても仕方ないかも。

・サン・ジョゼはそれほどプレッシャーをかけて来ないため、前半の浦和はボールを支配する時間が長く、かつ楽々ビルドアップ。但し両サイド深い位置までボールを運ぶものの、そこからなかなかフィニッシュに結び付けられず、その辺がサン・ジョゼの嫌らしいところ。特にこの試合を通じてボックス近くにいるCFへの縦パスはほとんど入れさせてもらえず、堂園のクロスから大滝→吉良のシュートがGK正面を突いたのが惜しかったくらい。

・他に前半は後藤のミドルシュートやCKのこぼれ玉を拾った高畑のシュートなどチャンスはなくはなかったのですが、得点ならず。

・前半の浦和の守備は破綻なし。そもそも浦和がボールを支配している時間が長い上に、危険な位置でボールを失うことがほとんどないのでカウンターのピンチもなし。またサン・ジョゼがボールを奪ったところで浦和のプレス網をなかなか突破できず。

・ところが後半になると一転して中盤でボールを奪えなくなってサン・ジョゼに押し込まれがちになり、またボールを奪い返してもパス精度が著しく劣化して満足にビルドアップできず。この辺、遠距離移動付の中2日の試合だったのが影響したのかもしれませんが、相手も地球の裏側からやってきた以上あまり言い訳になりません。

・そして攻めきれずにカウンターを喰らって失点。

・先制したサン・ジョゼは自陣に守備ブロックを作って淡々とカウンター狙い。浦和はバランスを崩してカウンターを喰らう愚こそありませんでしたが、相手の守備ブロックをほとんど崩せないまま試合終了。もともと得点力に乏しい上に、体格に勝るCBを背負って仕事ができるCF(=大儀見のイメージ)がいない浦和には1点取られたら最後、かなりしんどい相手でした。

---大滝--吉良---
加藤--------後藤
---柴田--岸川---
和田-高畑--乗松-堂園
-----池田-----

HT:大滝→長野(後藤がCF、柴田が右SHへ)
62分:加藤→清家(吉良が左SHへ)
67分:和田→臼井
75分:堂園→齋藤

|

« 野崎雅也選手、契約満了 | トップページ | 来来亭@東川口 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/60754863

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】ネスレカップ準決勝:浦和L 0-1 サン・ジョゼ:

« 野崎雅也選手、契約満了 | トップページ | 来来亭@東川口 »