« 麺屋 KABOちゃん@駒込(2) | トップページ | スエヒロ館@川口元郷 »

2015.03.06

【展望】15年第1節湘南戦

・いよいよJリーグ開幕。といっても浦和は既に公式戦を3試合もこなしているせいか、個人的には開幕を迎える高揚感なんて全然なくて、数多ある大会の一つが巡ってきたという感じしかしません。言うなれば「ナビスコ杯グループステージ始まる」と同じような感じ。さらに言えば公式戦3連敗という重い事実が高揚感を失わせているのだろうでしょうけど。

・相手は昨年J2をぶっちぎりで優勝した湘南。このくらいの戦績を引っ提げて来たチームだと松本や山形と「昇格組」と一括りにしてしまうのは失礼であり、昨年ぎりぎりで残留した清水や仙台、甲府あたりよりははるかに手強いと考えざるを得ません。

・曺監督の掲げる「湘南スタイル」。豊富すぎる運動量をベースに素早く攻守を切り替え、激しく積極的なプレッシングでボールを奪ったらスピーディーに前へ前へとボールを動かし、しかも後方から選手がわらわら湧き出るかのように攻め立てる。観ていて実に痛快。

・負けが混んでいるせいか、どうしても思考がネガティブになりがちで「出しどころに迷っているうちにボールを奪われる」「緩い横パスをカットされる」「無理に縦パスを入れたところを狙われる」「CKのチャンスかと思いきや、CKのこぼれ玉を先に拾われてロングカウンターを浴びる」等々、これまで何度も繰り返された浦和のやられ方の数々を湘南相手に披露してしまうような気がしてなりません。選手は中2日で体も頭もお疲れでしょうし。特に最終ラインと阿部と柏木。

・ただ湘南にも泣きどころがあって、昨年の主力選手が少なからず流出していること。チーム得点王のウエリントンを筆頭に、MF武富、DF丸山、DF宇佐美といった主力が流出。代わりに高山が早々に出戻ってきた他、FW藤田、MF山田、DF坪井、さらにブラジル人選手を3名を獲得しましたが、高山はともかく他の選手は戦術理解&チームへのフィットにそれなりに時間がかかるものと目されます。

・もっとも浦和も選手を入れ替えまくっているうちに組織の熟成度は大幅に落ちているように見受けられ、チームの完成度では湘南と似たり寄ったりかもしれませんが。

・湘南はトルコでキャンプしていたこともあってPSMで仕上がりを確認することもできず、今季の基本スタメンも全く判りません。ただ戦術にブレがないことだけは確実。

・湘南のフォーメーションは浦和とガチンコが生じやすい3-4-2-1。狭い局面で発生する1対1で優位に立てばそのままチームが優位に立ち、後手後手に回るようであればたちまち劣勢になる判りやすい構図。昨年の浦和であればJレベルだと同一フォーメーションのチームはむしろやりやすい相手のはずですが、何分今の浦和はお疲れ&自信喪失気味。

・今のところ「凶」としか言いようがない浦和のローテーションですが、ブリスベン戦で「謎の温存」だった橋本が出てくるのは間違いないでしょうし、普通に考えれば平川や青木もスタメン起用されるのでしょう。4連戦の最後なので、コンディションさえ悪くなければローテーションに拘らずにブリスベン戦後半からいじらないというのもありだと思いますが。

|

« 麺屋 KABOちゃん@駒込(2) | トップページ | スエヒロ館@川口元郷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61237254

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】15年第1節湘南戦:

« 麺屋 KABOちゃん@駒込(2) | トップページ | スエヒロ館@川口元郷 »