« 角中中華そば@幡ヶ谷 | トップページ | 【観戦記】15年第6節:浦和 2-1 横浜M »

2015.04.18

【メモ】浦和 2-1 横浜M

(スタメン)

故障の石原に代えて武藤はともかく、高木に代えて梅崎は謎。

啓太と平川がまたベンチ外で、加賀がベンチ入り。

鞠は兵藤に代えて伊藤がスタメン。

(前半)

浦和、内容はイマイチで先制されたが、意外にも前半終了間際にドタバタと逆転。

鞠は433みたいな恰好で浦和の最終ラインに圧力をかけて浦和のビルドアップを阻害。浦和のミスを誘ってのカウンター狙いか。

浦和は阿部の出来が悪く、阿部のミスから伊藤に決定機を許したが、西川がなんとかセーブ。序盤にはアデミウソンの抜け出しを許すピンチもあったが、これも西川がセーブ。

しかし、カウンターでついに伊藤の抜け出しを許して失点。

浦和はサイドにボールを持ち出しても鞠のブロックスライドが早くて苦労したが、鞠の空いたサイドへの展開に成功すればチャンスになる。

ズラタン→武藤のゴールは武藤が意表を突いたタイミングでシュートを撃ったのが奏功したもので、崩した感はしなかったが、2点目は左サイドからの崩しがハマった。

ズラタンのシュートのこぼれ玉を関根→梅崎。梅崎はここまで全くいいところがなかったが、よく詰めていた。

ズラタンの1トップはかなりやれているが、2シャドーとの連携は今日も心もとない。

(後半)

立ち上がりにセットプレーからのながれで撃たれたシュートを阿部が辛うじてクリアする場面がらあったが、後半のピンチはそれが最初で最後。あとは鞠に全く何もさせず。

浦和は逆転した余裕もあってか、前半とは違ってビルドアップに難儀することなく、両サイドからチャンスメイク。

しかし、単にクロスを上げるだけで工夫が足りず、決定機にはならない。

ただ左サイドで宇賀神、槙野、武藤の連携が劇的に良くなった。

守っては切り替えの早さ、動きの鋭さで鞠を圧倒し、鞠の攻撃を中盤で寸断。

鞠の選手交代は何の効果もなく、最後のパワープレーも意味なし。

ミシャが加賀投入は良かったが、高木と李はお疲れの選手を下げた以上の意味はないか。

|

« 角中中華そば@幡ヶ谷 | トップページ | 【観戦記】15年第6節:浦和 2-1 横浜M »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/61458531

この記事へのトラックバック一覧です: 【メモ】浦和 2-1 横浜M:

« 角中中華そば@幡ヶ谷 | トップページ | 【観戦記】15年第6節:浦和 2-1 横浜M »